スポンサーサイト

Posted by aonei on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでいいのか探査船。その1

Posted by aonei on 31.2012 この夢の登場存在 4 comments
「このままいくと君が生きている間に
君の願いは叶いそうにはないようだね。」

とクリエイター(仮)。

「ああ、、そうなんですよ、
今開発したとしても私が生きている間には
到達出来ないかもですよ~。
もう、、結構諦め気味なんですけどね。」
と私。

私の願い、、というのは
この話、きちんとは書いてはいないのですが
どーやら私、、
今の肉体で太陽系の外を
映像でもどんな方法でもいいから見る事らしい、、、というのを
希望のひとつに置いて地球に降りて来ているそうなのです。
でも私はそんな事決めた覚え、まったくないんですけどね~。

話は戻って。

「そうだね、、現在の君たち(地球人)の思考は相も変わらず
内向的だからね。」

「ですよねー、、こんな状況で今から開発しても
間に合わないですよね~、、。」

「ううん、違うよ。」

とクリエイター(仮)。

「問題は時間の問題ではないよ。
本当の問題はその事自体に君たちがあまり興味がない事だよ。
近い所ばかりに目をやって
太陽系の外には何があるのか、という事に
興味がない事だよ。
そして太陽系外に対して探求する欲求や
好奇心のモチベーションがない事だ。
大勢の地球人が好奇心を持つ、、選択すれば
こちらからもアイデアを卸せるし
時間や予算もあっと言う間に解決する。
ここはそういう世界だからね。」


「まー確かにそうなんですけどねー
まったく興味がない訳ではないと思うんですよ。
まずは月とか火星とかご近所で試しているんではないですか?
もっと遠くに行けるかどうか、、。」

「なんで?別に今君たちが太陽系の外に
行く必要はないんだよ?
探査船だけでいいんだよ?
帰還する必要もないんだよ?
その気になれば君たちの時間で2年で作成、
2~3年の航行でたどり着けるんだけど。」

この言葉に私はびっくりして
「ちょっと待って!?いや、2.3年って!
それは無理、無理ですって!今の技術では無理ですってー!!」
と叫びました。
するとクリエイター(仮)は不思議そうなリアクションをして

「そお?」

と聞き返しました。

「そんなの私だって解りますよ~!
そんな技術聞いた事ないし、
誰もそう思っていないですよ、、。」

「そう、だからこそ、多くの技術開発の人達に
考えて欲しい。
探査船は金属片で作らなければ飛ばないものか?
違う素材での検討は?
それ自体思い込みではないのかという事を。」


「え、、じゃあ
今の組み上げている素材でしか探査船は飛べないと
私達が勝手に思い込んでいる、、という事?」

「その通りですよ!
もっと遠くに飛ばしたいのなら
今までの考えや思い込みをリセットして
取り組む必要があります。」


「あのさあ、、」
私は腕を組んでこう言いました。
「そういう話、
パンピーな主婦に語らないで
なさとか、じゃくさとかの機関の人達の夢に入って
語ってくださいよ~。
私じゃ意味ないよーっていうか、、さすがにそれは解るでしょ?」

するとクリエイター(仮)は
「したいんだけど、、
彼らがそれ(太陽系外の開発)を強く望まない限り
私とはそういう話は出来ないんだよ。
それだし、、
彼らの思考を覗いてみると
『~でなければならない。』という思い込みの思考が
やって来て私を阻むんだよね~、、
あ、あとこの声も聞こえるよ、
『お金と時間がない』って。」


おいおい~誰かは知りませんが
勝手にその人達の心をモニターしたらだめだろ~、、

「でも私に話たって意味ないですよ?」

「そうかな~?
これが今の君の望みに対する
現時点での応えみたいなものだけど。」

ま~そういえばそうか、、、、。

「じゃあたとえば金属がイマイチというなら
どんな素材とかがいいんですか?」

私はちょっとそこに興味が惹かれたので
試しに聞いてみました。

続きます。


今回長くてキリが悪いので
2っに割って時間差で更新してみました。
にしても、、
宇宙関係者の方いろいろすいません、、
夢っつー事で許して下さい、、





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

○ Comment

うーん。分かるなあ(笑)
私自身、ほんとに内向き思考で、宇宙どころか、地球にすら興味が薄いので。
あおねいさんのブログで、宇宙や星に
だいぶ興味持つようにはなりましたが、まだまだ。
ただ先日、惑星はもちろん、銀河や太陽系そのものも生き物としてとらえる、
太陽系が惑星を食べている、、という、宇宙好きの極限生物学者さんの発想を聞いて、
宇宙に対する興味が少しまた前進しましたよ。
というのも、私、例えば、地球で言えば、その自然とか構造全体には全く興味がないのですが、
動物(生物)は大好きで、興味ありありなもんで(笑)。
地球も宇宙も生き物だって言われると、途端に興味がわくんですね。
そういう人、多いんじゃないかな~。
自分と同じ生き物だと思うと、理解もしやすいでしょうから。
だからクリエイターも、こういう方向で、人類に宇宙情報をおろせば
ぐっと、宇宙を身近に感じて、外向き思考になる人も増えると
私は思うんですけどね~。
で、昨年は、フォーラムのショップには行けなかったんですね。残念!
でもな~、土産品から興味持つのは悪いことじゃないと
思うんですけどね。なんで、ダメなのかしら。
あ~、地球キット、欲しいなあ。
バージョンアップしてもっと豪華なのとかできてないか、気になる、、。
2012.01.31 03:10 | URL | ずい #- [edit]
しつこいですが。

もちろん、惑星も自分たちと同じ生き物というのは、「広い意味で」です。
自分たちみたいのだけが生き物じゃないんだよ~、ガスみたいだったり、形のない感じのものだって、
生き物っちゃ生き物なんだよ~ってことを、クリエイターはどうせなら、
情報としておろすほうが効率いいんじゃない?ってことです。
クリエイターとしては、まぁ、自分たちでその固定概念を越えてほしいのだろうとは思いますが。
太陽には地表がないってことすら、未だに理解できない私のような人からすると
太陽系外のことを考えるなんて、難問すぎてどうしたらいいかっ!(笑)
2012.01.31 22:43 | URL | ずい #- [edit]
久しぶりにコメントさせて頂きます。

やっぱ、クリエーターさんのお話、いつも思うけど面白いです。
核心ついていると思うんです。納得がいっちゃうんです私なりに。
でも、自分で作ろうとしても無理でしょうけど・・・(汗;)

あおねいさんのブログのお陰で私ももっと宇宙を知りたくなってしまった一人です。

25歳くらいまで、夢の中でよく訪れていた場所というか空間があります。
とにかく心地よいのですがどこだか全く見当がつかないんです。すっごい幾何学的な場所にいるんですよ。浮いている感じで。目が覚めて「また戻りたい」と思うのですが、それ以降一度も戻れていないんです。。。
あれはきっとどこかの宇宙だったんじゃないかなぁ。。。なんていつも考えていたんです。

太陽系以外のもっともっと先の先まで、行ってみたいですよ。私も。トホホ。
でも、もちろん地球に帰って来たいです。。。知らないものはすこし怖いですね(笑)

次回のも楽しみにしています。




2012.02.02 13:14 | URL | tokyolover #JyN/eAqk [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.02.05 18:38 | | # [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。