スポンサーサイト

Posted by aonei on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法陣を作る以前の問題?

Posted by aonei on 21.2011 夢について(魔法陣)
あわや大乱闘(一方的な)になった所で
スタッフらしき人達に押さえられ
ひっぺがされた私と女の子ですが、
その時に女の子が大声でこう言いました。

「確かにあなた自身には
この魔法陣は必要ないわよ!
あんたなんか歩くシールドだもん!
でもね、
あなたの力が及ばない所での場所や人達に対して
なんとか対策が打てないかって悩んでいたのは
他ならぬあなたでしょう!?
だからここに来たんじゃないの!?」

女の子の言葉に私はちょっとはっとなりました。
それならなんとなく思い当たるふしがある。
ここで詳しく書く事はできませんが
ある事件があり確かに去年の末くらいから
なんとかそういう方法がとれないもんかと
思う時期があったのは事実です。
でもその事も震災の騒ぎで忘れていましたが、、、。

「今ここで取得しないと
あなたが後悔するわよ!」
と続けて女の子が言いました。

うーん、、
これが動機なら私が申し込んでもおかしくはないか、、
しっかしこれって役に立つんだろか、、。
すると女の子が
「なんですってえ~!?
と再度怒り狂ってカンカン状態に。
あ、ここでも思考はだだもれ状態なのか。
ステーションと同じなんだ。

女の子はスタッフに抑えられながらも私を罵倒しながら
両手をぶんぶん振り回していました。

それを横にみながら私はうーんと考え
そして
「そ、、そうだな~
一応、、ちゃんと、、、やってみてもいいかな、、?」
と言ってみました。
思考がだだ漏れなら私が今考えている
こともだだ漏れでしょうけど、、。
(つまりあんまり信用していない。)

すると女の子はぴたっと止まって
「やるのね?」
と子供にあるまじきドスのある声で言いました。

「まあ、、やってみよっかな?」
といささか上から目線な態度で言ってみると
(↑ヲ~い。。まったくオマエっていう人間は、、

女の子はギリギリしながらも
「解りました!必ず覚えて帰るように!」
と言われました。

「しょーがね~パクリ魔法を覚えてみるか、、。」
と私がボソリと言うと

「パクリじゃないって
言っているでしょうが~っっっ!!!」


そう言って両手をぶんぶん振り回している女の子の言動が
あまりに可愛らしく、、、(←ドS?)。

この言動見たさに
この後に受ける授業でも何かある度に
「パクリ魔法~♪パクリ魔法~♪」と言って
女の子先生を逆上させる
たちの悪い生徒の一人となっていたのでした、、。
(本当に本当にすいません、、

あともうちょっと続きます。

追記ですが
女の子先生もこんだけ嫌な思いをしたのなら
私を出入り禁止にすればいいのに、、
と思う人達もいるでしょう、、。
あの態度と状況からするとどうやら
こちらから申し込んだものには
向こうから契約解除は出来ないみたいです。
だからあんなに我慢していたんだな、、。
、、って悪いのは私ですが。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。