スポンサーサイト

Posted by aonei on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法陣を作る講義、、?

Posted by aonei on 15.2011 夢について(魔法陣)
私は教鞭をとっていた女の子の後について
学校の職員室みたいな所に入りました。
職員室みたいな所の風景はあまり覚えていませんが
人が忙しなく行き交い
雑多な所だな~と思っていたのは覚えています。

私と女の子は向き合って椅子に座り
「さて、、」
と女の子。
「あなたは自分の意志でこの授業を申し込んだのに
なんで授業をきちんと受けてくれないの?」
と言われました。

そー言われてもなあ~
ホントに申し込んだのか記憶がないんですけど。

それを伝えると
「いえいえ、確かに申し込まれていますよ。
この授業は受講した全員が
自在に魔法陣(シールド)が作れるまでを授業でやっていきます。」

うーん、、どうやら本当らしい、、
自分が夢を記憶している前に自分自身何かあったのかな、、、?
「でもさ~私は思うんだけど。
たとえ夢でそれを取得したって
目が覚めた現実の世界では使えないじゃないですか~。
たとえ夢の中で魔法の呪文を覚えた所で
きっと目が醒めても
ほとんど覚えていないと思うんだけど。
そんなの覚えたって無駄だよ。」

すると女の子はムッとした口調で
「私の授業聞いていました?」
という質問に私は
「いや~正直全然。」
その答えに女の子はかなり怒りを露にしていたのですが
教師という立場を重んじているのか
ぐっとがまんしている様子が見てとれました。
それを見て私は心の中で
「おっ怒っているな~我慢しているな~♪
がんばっているねえ~
と上から目線でニヤニヤ。

、、なんか夢の中の私、
そーとー性格悪いです。

女の子は私をにらみながら
「申し込まれた時点で
両手にチップみたいなものを
埋め込まれるんですよ。
それを叩いて起動、
そして陣を書きたい場所に触ると
出来る仕組みになったいるから
無駄に呪文を唱える必要もないんですよ。
私が開発して作ったんです。」
と言いました。

手にチップ??と
私は両手を見ました。
叩くという事は両手を叩くって事?
で、、、
陣を作りたい場所に手を置く、、、。
床に手を置こうとした時、

ん?
この仕草、このやり方、
何か見た事あるよ?
それもアニメで、、、。

「あれ、、これってさ~
もしかして『ハ』がつくアニメのパクリ?」
とニヤニヤ笑う私。
「うわ~やり方も某アニメのパクリなんて
あやし~よ。
益々眉唾だよね~マユツバ♪」
と言うと
女の子はぶちっとキレたのか怒り狂って
「パクリじゃないもん!!」
と飛びかかって私の胸ぐらを掴んできました。
私はヘラヘラ笑いながらも
「や~いパクリ~♪パクリ~♪」
と女の子を挑発し続けました。
その内ぽこぽこと私を殴りはじめたので
周りにいるスタッフらしき人達が
慌てて間に入って来て止めました。

つ、、続きます、、。(ひでーな、、私、、サイテーだよ、、

*****

まったく夢の中の私はやりたい放題というか、、
大人げないです、、。
ちなみに『鋼』のつく某アニメは
昔某ケーブルのアニメ専門チャンネルで
深夜に何回か見たくらいなので
ああは夢の中で言ったものの
よくは知らなくて、、
この記事を書く時にもう一度映像を見直しました。
う~む。。
女の子には申し訳ないが
やっぱり似ているなあ、、、。
(にしても某アニメに対しても女の子に対しても
失礼な私、、、、今回は本当に私がヒドいです。

※手の調子が悪いので
しばらくはコメントの欄のクローズ&返事は控えさせて頂きます。
よろしくお願い致します。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。