FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by aonei on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただのうっかりで地球にいる。

Posted by aonei on 01.2011 夢について(宇宙以外)
今から考えると東日本大震災の直前は
なんだか意味深な内容の夢を多く見ていた様な気がします。
これから書く夢がそれに当てはまるのかどうかは
解らないのですが、、、。
この夢は3月11日のだいたい二週間前くらいに
見た夢です。

自分は、、、地球に向かって進んでいる、、
ここから話が始まるのですが、、。

自分というのが不思議。

私は人間の形をしていません。

なんだろうな~、、細胞の塊?シャボン玉の泡の塊?
そんな形をしてフワフワ浮いていまして、、。
泡のひとつひとつに意識があり、
その中で1番上に意識が突出しているというか、、
集合意識を束ねてそのてっぺんに自分の意識があるというのが
私の存在、らしい。
だから自分という「個」が意識出来るのと同時に
大勢のザワザワする他の意識も認識出来て。
大所帯な感じで地球に向かっているのでした。

地球と火星の間くらいかな~
空港の様なゲートがあります。
そこは、、地球にやってくる存在は
かならずこのゲートに入らなくてはいけないんだそう。
自分はというと、、あまり「地球」というものが
どういうものか解らずに入っていった感じです。
なんかただの好奇心、、それだけの様な感じでした。

空港の様なゲートには
入国審査ならぬ入星(?)審査みたいなものがありまして、、。
なんだかめんどうくさい手続きを践んだような気がするのですが
あまり詳細には覚えていません。
その中で覚えているのは
管理局の人(←?)が質問を投げかけて来て
3つの選択を迫られるのです。
その時の私はその質問の意味があんまり解らず、、、
1,2番目はまったく聞き取れなかったので
3番目の「容器(肉体)に入って地球に生存する。」
がなんとなく解ったので
3番目を選択してそのゲートをくぐる事になりました。
係の人が
「3番目を選択した方はゲートを通った側の
右側のコーナーで待機しておいて下さい。」

と言っていたので右側のコーナーの待機場所で待つ事になったのですが、、
しばらくしても自分と同じような選択をした存在は来ず、、、
向かえの存在もやって来ませんでした。
それに引き換え
1番、2番を選択した存在達は大勢いるらしく、
賑やかな団体さんとしてどこかに連れていかれました。

それを見た私は不安になりました。
あっれ~、、?
選択間違えたかな~?
そもそも容器に入るという意味が
解らないし、、、
そんな事を考えながら向かえを待っていました。

結局の所その時の時間では私しか3番を選択した存在は
おらず、随分待たされてから
向かえのスタッフがやって来て案内されました。

私はどこか解らないステーションに連れていかれ
同じ選択をした存在達と合流する事になりました。
先に来ていた存在達は本当に宇宙のあちこちから来ていたみたいで、
訳の解らない私に
いろいろと親切に教えてくれました。

これから私達は「生物(人間)」という容器に入って
地球に降りて生活するという事。
ここの生態系のすべてではないが
雄、雌との生殖により個が繁栄するシステムだと言う事。
そのシステムに則って生活するという事。

私はそれを聞いた時???が飛び交いました。
なんせ私には性別がない。
ずーっと長い間同じ形で存在していて
個を繁栄したい場合はただ意識を分裂すればいい
気楽な存在。
そんな私が理解出来る訳がなく。

「え、、なんでここの生物(人間)はそんな面倒くさいの!?
生殖って何!?性別って何!?」


、、、って私は叫んでしまいました。
そんな地球のサイクルが解らない私達には
この地球で生活する為にパニックにならない様
なっが~い研修をやるんだそう。
地球のシステムについて、人間について、
人間の社会について(経済、貨幣制度など)、、
その他イロイロの知識の習得。
容器(人間)に入ってからの社会生活における
シュミレーションを実践したり、、、
(半物質の肉体に入って動いて生活してみたりとか。)
とにかくやる事はいっぱい。
そう聞かされました。

ちなみに2番の選択は
容器に入らずこの形のままとして地球に降下する、、というもので
簡単な研修と勉強で済むんだそう。
(1番も聞いたのですがなぜだか覚えていません。)

「え~~~そうだったの!?
しまった~失敗したー!
そっちの方が楽で良かったよ~~~!!!!!」

、、と大騒ぎしたのを覚えています。
同じ選択をした
他の存在達もこの話を聞いて
がっくりしていたらしい。

その存在達と話ながら
「しょうがない、めんどうくさいけど
一つ一つこなしていくしかないよ、、。」


なんだかハズレくじを引いたような
心境で夢は終わってしまいました。

この夢から目覚めた後
しばらくぼーっと考えてしまいました。

これは誰かの記憶?
それとも自分?

それにしても、、、
もしこれが自分だとしたら、、、
自分は地球に来たかったのか解らない優柔不断な決断で
ここに来た事になる、、。
おまけに人間になるのも
かなりうっかりな選択でなった事になる、、、。

うわ~嘘でしょお!?
こんな理由もなしに
本当にただのうっかりで地球にいるなんて!
い~や~~~!
夢だよ!夢!夢!
夢であってくれ~~!

、、そう言って布団の中でゴロゴロ暴れていました。

例えもしそうだったとしても

うん、、、
まあ、、
たとえそうでも、、

地球での生活は楽しいよ。

多分。


ていう話。

*******

とにかく最近は夢を忘れない様リストアップして
書けそうなものから書いていっています。
やはり現実の出来事と違い
記憶が消滅しやすいです。
いや、、かなり忘れてきてまずいです。


※仕事が忙しい&手の調子が悪いので
しばらくはコメントの欄のクローズ&返事は控えさせて頂きます。
よろしくお願い致します。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。