スポンサーサイト

Posted by aonei on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君たちは死なない。

Posted by aonei on 18.2011 夢について(宇宙・ステーション&基地) 8 comments 0 trackback
そうそう、震災後のクリエイター(仮)はというと。

3月17日か18日くらいだと思うのですが、
いつものステーションで
システム管理人とちょっと震災関係の話をしていると、
ひょこっとクリエイター(仮)がやってきて
「(宇宙の)勉強してるう?」
と私に話かけてきました。

当時的に余裕のない私としては
ちょっといらっとして
「この状況ですよ、
そんな余裕ないですよ!
あなただって
私の目を通して惨状をみたでしょう?」
と言うと、

「見たよ?で?
何か問題でも?」


と言いました。

え、え~~~~~!?
何それ!?
今この状況をそういう風に言う!?
いくら人間ではないとはいえ、、、
この世界の外側の存在とはいえ、、、
少しは
空気を読んでくれても、、、。
「う~んあなたには理解出来ないかも
知れないですけど!
今大勢の人達が亡くなったりして
大変なんですよ!」

「死なないよ。」

クリエイター(仮)は私の言葉を遮って
こう言いました。

なんですと???

「何言っているの?
君たちは死なないよ?」


えーと、、?
何を言っているんだか、、?

「君の言っているのは
本当の死ではないですよ。
物質(肉体)からデータ(魂)が離脱するだけです。
それは死とは言えないですよ。
この世界は体験と記憶がすべてです。
あなた達の存在理由もそこにあります。
本当の意味でのあなたの言う『死』というのは
自らが選択し、
自分自身がこれまでに積み上げて来た
記憶と体験を消去するという事です。
これは本当の意味での
『消滅』になります。」


あ、あ~それですか
確か昔それは勉強で聞きましたけど、、、
でも!
そういう問題じゃあないんだよな~!
今私達にとって地球生を離れる、
この事が問題なわけで、、。

「じゃあ、もう一度
降りてくれば?」


と言うので

「そんなの、めんどくさいでしょうが!!」

と私は吠えました。

私がクリエイター(仮)の言葉に
カッカしていると
「あ~はいはい、そこまでね。」
とシステム管理人が割入ってきて。
「彼女は今本当に余裕がないから、
そういう話は
本人が落ち着いてからにした方がいいですよ。」


とクリエイター(仮)をがしっとつかんで
どこかに連れて行ってしまいました。

クリエイター(仮)は去りながら

「え?なんで?なんで~?」

と首をしきりに傾げていました。

私はこの時本当にがっかりしました。
まさかこれほど
通じ合わないとは。
しょうがないのかな、、、
私だって
自分の細胞の一部を気に掛けたことなんてない。
そういう感じなのかな、、。

この時はこれで夢が覚めました。
そしてこのあとクリエイター(仮)が出てくるのは
一ヶ月以上先の話になります。

ま~あまりこのヒトに対して
なぐさめもアドバイスも
元々期待はしていないんですけどね、、、。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

○ Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.05.18 10:03 | | # [edit]
私も確かに肉体的な苦痛はともかく、死は怖くないのだけれども
地震や災害の問題は「死」にあるのではなく、家を破壊され
家族を亡くし、身一つで路上に投げ出されるような状況に追い込まれることなんですよね・・・
今現在、東北でも家族を亡くし天涯孤独になって経済的にも何もかもなくしてしまった・・という人たちがいるわけで、ひそかに自殺が進んでいるそうです・・。
せっかく生き残っても死ぬことを選択するわけですから
死よりも、過酷な状況で生きていかなければならないことが遥かに恐ろしいってことなんですよね。
2011.05.18 10:59 | URL | mimi #JyN/eAqk [edit]
こんにちは。
久々のクリエイター(仮)さんの登場にワクワクです。
以前aoneiさんが落ち込んでいた時、クリエイターさんが現れ、慰めてくれるのかと思いきや逆に抱擁をせがまれた(実体感のあるアバターを披露したかった?)ようなお話があったじゃないですか?
あれからクリエイター(仮)さんの、この世界に出現する計画はどうなっているのだろう・・・と、ときたま思っていました。
マジメなシステム管理人さん達に阻まれず、順調に進んでたら嬉しいです。
2011.05.18 13:44 | URL | エリエリ #JyN/eAqk [edit]
Hokkeさま
こちらこそはじめまして。
お気遣い頂きありがとうございます。
いやいや私もですよ、大きな大変な事が起きないと
私達は気がつかない、、
それは多くの人がそう感じているのではないのでしょうか。
でも気づいたからにはもう気づいていない前の自分には戻れませんよね。
あとは進むだけだと思いますよ。
2011.05.19 00:43 | URL | aonei #- [edit]
mimiさま
最初に断っておきますが、クリエイター(仮)の話は
あまり信用しないよう話半分でお願い致します。
なんていったって基本、私達とズレていますので、、。
私個人の意見としては、、残されたからといって
すべてに絶望して死を選択して欲しくないと思っています。
生き残ったからにはその人なりの生きて行く意味があると
思います。
それに、、この事態は人ごとではなく
すべての人に言える事。
自分も周りの人達も場所も明日はどうなるかなんて
正直解らない。
だからこそ一瞬一瞬を悔いないよう
今この時を生きた方がいいんだと思います。

2011.05.19 00:52 | URL | aonei #- [edit]
エリエリさま
どうでしょうね~?たとえ出現しても
形がないので
多分私達には「、、、これ、、何?」程度で
かわして終わりそうな気がします(笑)。
完全に物質化するのも難しそうですしね。
その前に管理人に止められそうですが。
2011.05.19 01:01 | URL | aonei #- [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.05.19 18:18 | | # [edit]
じゅんこさま
そうですね、肉体を通して得られる体験と記憶いうのは
すごく大きいみたいです。
だからこそみんな選択した上でこの星、この場所、この時間にいるんでしょうね。
そのマンガですがそういうのあるんですね、知りませんでした~
それも20年前の作品ですか、なかなかどうしてファミコン時代なれど
かなり先取りしていますね。


2011.05.25 11:24 | URL | aonei #- [edit]

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://oromo7.blog45.fc2.com/tb.php/255-b285400d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。