スポンサーサイト

Posted by aonei on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天体模型を作ろう!その2

Posted by aonei on 08.2011 夢について(宇宙・ステーション&基地) 0 comments 0 trackback
私は目の前の粘土を見て
「天体模型?」と
首を傾げました。

何?いったいコレでどーやって作るの??

クリエイター(仮)がそう言って引っ込んだ後
スタッフらしき人が壇上に上がり
説明を始めました。

話を聞くと
どーやらこの粘土で惑星や恒星を作るのですが
好きな大きさに粘土をちぎって
それをこねながらその惑星のイメージを
粘土に込めるんだそうで。
コツは集中力。
するとその思考力を受けて
イメージが物質化して惑星が出来上がるんだと
言っていました。

そしてエネルギーの糸というものもイメージして物質化し、
それを編んで、出来上がった惑星に
乗せて完成なんだそうです。
シンプルですがちゃんと空間に浮くし、
なにより今の太陽系の構造に割と近いんだとか。
え~本当かな??

ま~とりあえずは
やってみますか、、、と思い、
粘土をちぎりました。
粘土の感触は、、、本当にフツーの油粘土です。
粘土をこねるのって
随分久しぶり、、、。

直径5センチくらいの球を作って
コネコネしながら
やっぱり基本は地球だよね、、と思い
地球の画像をひたすら思い返していました。

そんな事をしながらしばらくすると
粘土の球からぶわっと水が出て来てきました。
そして球の表面が変化してきて
大陸らしきものが
いきなりもりもり盛り上がってきました。

うわっ何コレ!?
どうなっているの?


驚いて粘土から手を離しても
ふわふわ浮いています。
それに手を翳すとくるくる回って
だんだん海や大気や雲も出てくるように
なりました。

、、、すっすっごーい!!

しばらくすると
ちゃんと大気も雲も風も氷(極の方のね)も出来てきて
小さいながらも流動しはじめて
かなり地球らしくなってきました。
大気を触ると妙な弾力があり、
不思議な触感だなと思いました。
自分達はこの中で生活しているのだろうか、、?
そんな事を思っていたのを
覚えています。

しばらく地球をくるくる回して楽しんでいたら
ある事に気が付きました。
「あ、アメリカ大陸がない!」
日本を含めユーラシア大陸は割とリアルに出来ていたのに
なぜか反対側のアメリカ大陸が
すっぽぬけていました。
あれれ、、、私のイメージって
案外いい加減なのかしら、、、。

いかんいかん、
これじゃあ地球じゃないよ、、、と思い
また地球を触りながらアメリカ大陸をイメージ。
するとすぐ海からもりもり大陸がせり上がってきて
アメリカ大陸が出来あがりました。

もうちょい続きます、、。

興味を持ってもらえたら
彼ら(?)も喜ぶらしい、、、、。
 ↓





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村



ちょっと参加しています、、。








スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://oromo7.blog45.fc2.com/tb.php/231-3fe4ea76
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。