スポンサーサイト

Posted by aonei on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情の大ループ大会。その2

Posted by aonei on 11.2010 夢について(宇宙・ステーション&基地) 0 comments 0 trackback
「記憶の整理、、ですか?」
と私。

「そうです。
あなたの中に仕舞っている記憶ですね、、
そしてどっちかというと
忘れてしまいたい辛い記憶や整理のつかない記憶、
そういうたぐいのものを
整理する時がきたのですよ。」

とシステム管理人(医療担当)。

「なんでそんな事を
しなければならないのですか?」

「そういう記憶の中に
あなたの抱える『恐怖』の感情に繋がる
根源の記憶があるからですよ、それがすべてでは
ないのだけど、、、。」


「恐怖、、ですか、、、。」

「いいですか?
記憶は記録なのです。
過去におきてしまった出来事は
もう事実として変わらないのです。
問題はそこでは無く
様はあなたがそれを思い出した時に
結び付く感情に問題がある訳です。

その記憶と感情をきちっと選り分けて
整理する事が重要なのです。
そして自分にとって不要な感情は
捨てたり、思い出してもしょうがないものは
改めて忘れてもいいのです。
あなた達は忘れる事が出来るのですから。」

「でも、、、
確か忘れたとしても
地球の記憶サーバには
記録されてしまうのですよね?」

すると管理人はニヤリと笑って

「その通り!
あなたにとって良い記憶も悪い記憶も
そこではリアルタイムで
アップロードされていき
残っていきます。
あなたの記憶は脳が記憶しているのでは
ありません。
あなた達の脳は本当はチューナーのようになっていて
地球専用の記憶サーバから記憶を
呼び出しているだけなのです。
脳本体で記憶出来る容量はほんのわずかです。

それは君も前に聞いたでしょう?

悪い記憶を忘れる事があっても
消去出来ないのがあなたにとって
不快に感じるかもしれませんが、
それはそれなのです。
そういう経験という記憶の積み重ねが
あなたの個性を豊かにしていくのです。」

「う~ん、、確かに
脳のチューナーの話は
結構前にな~んとなく聞きましたけど、、、
実感わかないし、
改めて聞くと難しいですね、、、。」

「そうですか?
じゃあ今度はこう説明しましょう。
例えていうなら
記憶がいっぱい詰まっている
タンスがあるとしましょう。

タンスに記憶が入っている事実は
変わりありません。
あなたはやたら怒りに直結する記憶の箱を
探し出して引き出しては見ている状態、、
それが今のあなたのやっている行為です。
それも乱暴に引き出しては
しまい、また引き出す、、、
何度も何度も、、、
そういう行為を繰り返しているのです。

そうしているうちにタンスの箱は
摩擦ですり切れてしまいます。
それがあなたの今の状態です。

私がやって下さいと言う行為は
そのタンスの中身を整理して
いるものといらないものを
仕分ける事です。
仕分ける事により
嫌な記憶も客観的に観察する事が
出来るようになります。
小さい時の記憶であるならば
今のあなたの年齢で
もう一度見返すといいでしょう。
そこにはその当時見えなかったものが
違う角度で見えてくると思いますよ。」


「でも、、、
そんな事をしたら
また嫌な感情がふつふつと
沸き上がってしまうと思うのですが、、。」

「そうですね、
整理する時にはやはり
いろいろな感情が沸き上がりますが
それはそのまま流していきましょう。
そして整理がついた後は
不要や不快と思う記憶の箱には
あまりむやみに
ひっぱり出さなければいいのです。
そこまで整理がつければ
容易に怒りであれこれ嫌な記憶を
引っぱり出さなくなりますよ。」


「なんか、、、
私が好んで怒りや悲しみの記憶の箱を
引っぱり出しているように
聞こえるのですが、、、。」

「その通りですよ。
あなたは頭の刺激を求める為に
辛い記憶の箱をかたっぱしから
開けまくっていたのですからね。
辛い記憶は楽しい記憶よりも
脳には衝撃的で刺激的ですからね。」

「あの~、、質問なんですけど、、、。」

「なんですか?」

「嬉しい記憶や楽しい記憶による
魂(データ)の焼き付きってあるのですか?
そういうのなら
い~よな~なんて
思うのだけれど、、。」

管理人は笑って

「残念ながら今までそういう人は
見た事はないですねえ、、、。
どうやらあなた達にとって
楽しい、嬉しい記憶よりも
辛い、悲しい記憶の方が
とても刺激的であり
楽しい記憶の方がインパクトが薄いみたいですよ?
残念な事ながら。」


「やっぱりそうなんだ、、、。」

「勘違いしない様言っておきますが
感情が沸き上がって感じる事を
否定している訳ではないですよ。
笑って、怒って、泣いて。
おおいに結構な事なのです。
ですが偏り過ぎてはだめという事です。
すべてにおいてね。
そして1番いけないのは
何も感じなくなる事です。
何か起った時に感情をシャットアウトするのではなく
客観的に物事捉えてそのつど
整理出来るといいですね。」


まだちょっと続きます、、、。


今回は会話ばっかりです。
管理人がやたらよくしゃべっています。
なんでしょうね~今流行りの
断捨離ですかあ~?
それも心の中と記憶のですかあ~?
、、と思いましたよ。

私達の脳は
いまどきのアイテムにたとえて言うなら
スマートフォンが近いみたいです。
それもクラウドコンピューティングに直結していれば
尚近いかな。
もっと未来になったらもっとしっくりくる
アイテムが登場しそうですけどね。
    ↓





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村



ちょっと参加しています、、。


スポンサーサイト

○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://oromo7.blog45.fc2.com/tb.php/220-78464d74
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。