スポンサーサイト

Posted by aonei on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビート版、宇宙(そら)を飛ぶ!その2

Posted by aonei on 29.2010 夢について(リハビリ、空中遊泳) 0 comments 0 trackback
さて、出発ですが
自分の体が夢の中で
どーいう形になっているのか解らないですが
一応うつぶせ状態になって
このビート板のくぼみに手を入れて
準備完了。

ゆっくりと音もなく
さーーっと滑り出します。

行き先は火星と木星の間の小惑星群。

なぜって?

ここは、、、
実は何度もリハビリで来ているのですが
移動するのに障害物(小惑星群)がちまちまあって
ここは結構小回りが利かないと
衝突してしまうのです。
前にも自分の体が
上手く動いてくれなくて
危うく惑星群のひとつに
衝突しそうになりました。

なので今回は
このビート板の小回りの効き具合と
旋回性能をテスト、、、
という事らしいです。

ルートの方は
ビート板に入れたデータ?みたいなものに
従って自動航行です。

航行している途中は
別に不具合もなく、、、
ビート板に引っぱられている
感覚もありません。

そしてあっと言う間に小惑星群。

肝心の小惑星群の航行は
惑星群があまり固まっていないルートを選んでいるのか
危なげもなく通過してしまいました。

小惑星群を抜けた所で一旦停止して
システム管理人と合流。

多分、、、この装置の感想を聞かれたんでしょうね。
私は
「う~んこんな安全ルートじゃあ、
この装置が小回りが効いているのかどうか
わからないですよ~。」と
ちょっと不満を言っていたような気がします。

そしてシステム管理人はというと
「試作品なのであまり無理は出来ません。」
との事。

あ、、そうなの。
じゃあしょうがないか、、、
でもさ~
この装置、ナビみたいなものが
標準装備しているのっていいよね~
迷わなくていいよね~、、、なんて会話の途中、

ガタン!

ブレーキでおもいっきり揺れて
ハッと気がつくと次の駅。

ここで結構人がいっぱい降りて
すぐ近くの座席が空きました。

助かった、、、と思い
腰を降ろして一息。

いや~立ちながら寝るのは
かなり恥ずかしいからね、、、。

ちなみにこの小惑星群の夢を見ている時間は
現実の時間的にだいたい1分、、、とか
1分30秒くらいだと思います。

どうしてかは解りませんが
宇宙の夢は長い時間を旅していても
現実の時間に置き換えると
だいたい5分くらいから20分ぐらいしか
経っていなかったりします。

現実の時間の流れと
夢の中の時間の流れは違うんだよな~と
こういう所で実感します。

、、、、まだちょこっと続きます。

ちなみに小惑星群に衝突しそうになった話ですが
その際に自分の手が
惑星群のひとつの表面のに触ってしまい
砂?粉塵が一面に舞ってしまいまして、、、。
キラキラして奇麗な反面、
それをうっかり吸ってしまった途端
咳が止まらなくなってしまいました。
そして目が覚めてもなぜか咳が止まらない、、という
不思議な事がありました。
あれは、、、苦しかったです。


興味を持ってもらえたら
彼ら(?)も喜ぶらしい、、、、。
    ↓





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。