スポンサーサイト

Posted by aonei on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月に追突する。

Posted by aonei on 17.2011 夢について(月の話)
この夢はいきなりここから始まる。

月上空のステーションに行こうとしたはずなのに
なぜか月面に激突してしまうのだ。
それもおもいっきり頭から突っ込んでしまう。
私は事の次第を理解した後
体をじたばたさせてやっと頭を引っこ抜く。
(う~んこういうのって
宇宙遊泳して小惑星に激突した以来かも、、。)
砂をはらって見渡すと

あれ?
いつもの基地やら上空にあるステーションが見当たらない。

月はなぜか静かで、、何もない。

変だな~?と思いながら
とりあえず少し歩いてみる。

でも何もない。
砂だけ。

しばらく歩くと
前に見慣れたものが見えてくる。

地球。

私は立ち止まってその場に腰を降ろす。

黒い空間の中にぽつんと浮かぶ宝石。
なんて美しいんだろう。

この美しさは見た人でないと
理解出来ないかも知れない、、って
私もリアルで見た事ないんだけどね。

でもね、一生に一度
地球を外から見れるチャンスがあるのなら
是非行った方が良いと思う。

これを見てしまったら
余計ないざこざや国や土地にしがみつくのも
馬鹿らしく思えると思う。

そして自分達がなぜここの星にいるのかも、、
理解出来るのではないかと思う。

そして、、、残念ながら私は今生
月から地球を眺める事はないのだろうな。
出来ればこの美しさを
リアルな網膜に焼き付けたいのだけれど、、。

そんな事を考えながら
ぼ~っと地球を眺めていました。

夢はここでおしまい。

そして、、この夢の一週間後、
東日本大震災が起きるのだ。

2011年、3月4日の夢。
(↑日付間違えていました。ヲイ~読み返せよーですよね、、。
すいませんでした。)

そういえばこの次の日に亡くなった父が出てくるという、、、
思えばサインは出ていたんだな。
※仕事が忙しい&手の調子が悪いので
しばらくはコメントの欄のクローズ&返事は控えさせて頂きます。
よろしくお願い致します。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

知りたいことが知りたい。

Posted by aonei on 29.2010 夢について(月の話) 0 comments 0 trackback
バルコニーに上がった後
私は持っていたお茶を飲みながら
下の会場を見渡しながら
言葉の意味を考えつつ
ぼ~んやり。

まあ元々あまりパーティは好きな方では
ないですからね、、、
人がいっぱいいる場所や
人を見るのは好きなんですけど。

そうしていると背後から誰かがやってきて。

「何しているの?」

振り返ればアバターで人間の形を作って
いそいそ歩いているクリエイター(仮)が。

お~い!!
それはこっちのセリフですよ!
あ~たこのパーティの主役なのに
どこに行っていたの!

まあまあ、、、とクリエイター(仮)は
私の言葉をさえぎって

「楽しんでる?」

と言ってきました。

「え~まあ楽しんでいますよ、一応。
でもここにいる人達が私と同じ
モニター被験者なんですね。」

「そうだね、、、来ていない人もいるけどね。」


「でもあれからもう2年なんですね。」

「そうだね、、、で、ところで君はどうなの?」

「は?」

質問の意味が解りません。

「宇宙の勉強はつまらなくなっちゃった?」

「え、、なんで?」(ちょっと動揺)

「最近勉強していないんじゃない?」

「い、いや、、、違うんですよ~!」
と反論。

「今はいろいろ忙しいんですよーこちらでは!
仕事では考えなきゃいけない事はいっぱいあるし、
家事もしなくちゃいけないし、
支払いだのいろいろ、、、
生活するのは大変なんですよ~!」

そうしたらクリエイター(仮)が、

「そお?私には苦しい出来事も大変な出来事も
楽しそうにみえるけどな~。」


「何いってんですか、大変なものは
大変なんですよー!こっちでは。」

「そおかな~楽しそうなんだけどな~
で、宇宙の勉強はやめるんですか?」


「、、、一応仕事が落ち着いたら
きちんと考えるのでいいですか?」

「それは君の自由だからいいですよ。
その気があるのならね。」


その言葉に私はぴんときて

「あ、もしかして、この意志確認って
あれですか?モニター更新の手続きとか?」

するとクリエイター(仮)はぷっと吹き出して

「違いますよ、更新の話ではないです。
私だってね~君の為にいろいろとメニューを
考えているんですから。」


メニューですか、、、
ううっちょっとコワイかも。

そしたらクリエイター(仮)がなぜかまた質問。

「、、、で君はこれからどうするの?」

ん?さっきの質問と似ているようで
ちょっと違う、、、?

「だから落ち着いたら勉強をしますけど、、、。」

「ああごめん、解りにくかったね
こう言おう、
君はこれからどうしたい?」


どうしたい?どうしたいって、、、

「この制限のない世界で
これからどうして行きたい?」


「そりゃあ、、、昔も今も私は
知りたい事が知りたいだけなんで、
それが出来ればいいんじゃないかなぁ、、。」

と言ったら
「あっはっはっはっははは~~~!!!!」
とクリエイター(仮)が大爆笑。

さすがに私は動揺して
「な、何か変な事言いました?」
と質問しました。

「あははは、、、いやいやごめん、
知りたい事が知りたいか!
うん、いいよ!
非常に君らしい返答だよ。」


と、うんうん一人で笑いながらうなづいて
いました。

「期待しているよ、これからも、、、」
と話すクリエイター(仮)の言葉の途中で
なぜか急に自分の意識が現実の世界に戻ってきてしまい、
目が覚めてしまいました。

う~んなんであんなに大笑いされたんだか、、、。

管理人達の言っていた
宇宙についての啓蒙活動ですが
どうなんですかね~
正直そういう事にはあまり興味ないんですよね、、、

それだし現実の世界では
宇宙グッズものを買ったり
夫に宇宙の話をするぐらいしか
出来ませんが、、

これも活動ですかね?

この話はとりあえずここまで。

しかし、、、
示し合わせた訳ではないのですが
月の話を書く前後ってよく満月になるよな、、
なんでかしら?

興味を持ってもらえたら
彼ら(?)も喜ぶらしい、、、、。
    ↓





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

全人類意識調査について、2009年度版。

Posted by aonei on 27.2010 夢について(月の話) 0 comments 0 trackback
さて、この管理人は壇上に上がりまず最初に
「もうすぐ年度末にあたり、、、」と言い
現在のこちら(地球外)での状況を説明しました。

随分前に書いたと思うのですが
毎年7月末あたりがこちらでの本当の
新年になるんだそうなのです。

だいたい5月あたりから年度末に入るので
来期の予定や目標の設定、
それに調整などをやらなくてはいけないので
いろいろ忙しくなるんだそうです。

それの説明があって。

そしてここ一年間の(2009年?月~2010年5月?)
全人類の意識調査を行なったそうで、、、
「その統計をあらかたまとめました。」
事務的に言いました。

その結果

「今現在、地球人は内向的に傾いている。」

と言いました。

内向的??
イマイチ意味が解りません、、、。

そしてこの管理人曰く
「地球人は本来内向的と外向的、両方のバランスを
取っていかなくてはなりません。」

と言い、
内向的にこのまま傾いて行く事は
人類が衰退していく事を意味するんだそうです。

「ですのでそれの対策をこちらでは
取っていくのですが、、、
宇宙に関しては
もっと地球人に興味を持ってもらえるよう
あなた達にも出来る範囲内で啓蒙活動を
して頂く様にお願いしたいと思います。」


と言いました。

啓蒙活動?ねえ、、、
この子供達にそんな事が出来るのかな?
それとも数少ない大人に向けて
言っていたのかな?
それともここでは子供のフリをしてるけど
「夢から覚めれば実は大人」
の人もいると言う事なのかな?

しかし、、、
全体的にざっと見回してみると、

き、聞いちゃいない~~~~(汗)!

やっぱり子供達は泣いたり笑ったり
大騒ぎをしていて
話自体を聞いていないようです。

そうしている内に管理人は挨拶を済ませ
壇上から降りて行きました。

そしてこの時は私自身
「やっぱりやっていたんだ、意識調査!」
と思いました。

でも内向的って、、、、
もっと解りやすく言って欲しいけどなぁ。

う~ん、、。
私はちょっと「内向的」の意味について
自分で考えをまとめたいと思い
お茶を取りに行って
ホールの壁際にあるバルコニーみたいな場所に
向かって上っていきました。

続きます、、、。

多分ですけど今の状態は

自分にしか、、、
家族にしか、、、
近所にしか、、、
国にしか、、
地球にしか、、、

興味が無くなってきているという事なのかな。

それは、、、
すなわち人類全体が地球の外(宇宙)に対して
興味が薄れている、、
という事なのかもしれない。

何事もバランスが大事なんだな、、。

おっと、これは私個人の見解ですけどね。

ちなみに意識調査について書いたのは
ここらへんあたりですね。

新年と全人類意識調査について。その2

この件正直忘れていました。

興味を持ってもらえたら
彼ら(?)も喜ぶらしい、、、、。
    ↓





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

月でお疲れさん会?その3

Posted by aonei on 24.2010 夢について(月の話) 0 comments 0 trackback
私はリンゴ飴を食べながら
会場の後ろの方に移動しました。

もっとよく会場の雰囲気を
見てみたいからね、、、。

相変わらず子供達で大賑わい。
会場は大きいせいなのか人数がいないのか
自分以外の大人を確認する事が出来ません。

それにこのパーティの主旨も
わからずじまい。

どうしたらいいもんだか、、、と
食べながらぼ~っとしていたら

はるか先にある
前方の中央の方に壇上、、らしきものが
あるのですが
そこに誰かがすごすごと上がって来て
なにやらお祝いの訓示を
述べ始めました。

話は詳しくは覚えていないのですが
どうやらこのパーティの主催者は
クリエイター(仮)本人ではなく、
このシステムを支援とサポートをしている
スタッフ(システム管理人)らしいとの事。

やっぱりモニター&スタッフを
ねぎらうお疲れさん会なのかな?

そういえば、肝心のクリエイター(仮)がいない。

おいおい肝心の主役がいないじゃん!
それって、どうなのよ~?

そして会場を見渡してみれば
子供達は相変わらずフリーダム状態で
前方で話ている人なんか聞いていない、、どころか
見てもいない、、、。

なんかこんなんでいいのかしら?
ちょっと複雑な心境になって来ました。

最初の人がしゃべり終わると
次の人がまた壇上に上がってまたお祝いの訓示が、、と
それが2,3人続きました。

内容は覚えていません、、。
そつない内容だったのかな?
覚えておこうと意識しない程度の
内容だったのかも(スマンです)。

そして最後の上がった人、、、多分この方は
スタッフではない
別の組織のシステム管理人でした。
この方はお祝いの訓示は話さず
違う内容を話ていました。
この方の口調と内容がかなり印象的でしたので
覚えています。

次回はこの管理人の話を
ちょっと詳しく書きたいと思います。

興味を持ってもらえたら
彼ら(?)も喜ぶらしい、、、、。
    ↓





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

月でお疲れさん会?その2

Posted by aonei on 21.2010 夢について(月の話) 0 comments 0 trackback
会場の両サイドにはいろいろなお料理が
ずらりと並べられていました。

感じとしては
お菓子やスイーツが
かなりの割合で占められていました。
やはり子供向けなのかな?

まあすべてを
くっきり見た訳ではないんですけどね。
なぜそう認識したかと言うと
私は前にも書きましたが
あまり甘いものが
そんなに好きではないので、、、
夢の中での私の意識は
「あ、そんなに食べたいモノってないな、、。」
と思っていたみたいです。
見ただけでお腹いっぱい、みたいな。

きっと甘い物好きな人には
ここは天国でしょうね。

私はお料理のテーブルを歩きながら鑑賞していると
あるものに目が止まりました。

それは、、、縁日で見かける
リンゴ飴」。
これがずらりと屋台のように
並んでいました。
こんな会場でこれが置いてあるのって
めずらしいかも、、、
でもってなんだか懐かしい。

でも私がリンゴ飴を食べた記憶というのは
人生の中でたった一度しかありません。

小学6年生の時、
土曜日の授業の後
学校の前になぜかリンゴ飴売りの人が来ていて
ずらりとリンゴ飴が並んでいました。
そのリンゴ飴は普通のリンゴ飴ではなく
リンゴ飴の上からべっこう飴細工が施してある
豪華なものでした。
その細工がすごく奇麗で、、、
私は一度家に帰ってお金を握りしめて
当時お菓子としたは破格の500円で購入しました。

細工を食べてしまうのは
なんだかもったいなく、、、
でも食べると飴の割には
そんなに激甘ではなかったので
美味しかったです。
でも残念だったのは中のリンゴで
なんだかパサパサしていて美味しくない。
そしてボリュームもすごい。

これでもう「リンゴ飴はいいや。」と
思って今に至るのですが。

この飴をじーっと見ていると
横から男の子がぬっと顔を出して
「どうしたの?」
と聞かれました。
私は
「ああ、、なんかね。
このお菓子が懐かしくて。」
と言いました。
男の子は
「じゃあさー食べればいいんじゃないのぉ?」
男の子はリンゴ飴をずぼっと引き抜いて
一本は自分の分。
そしてもう一本を引き抜くと
私に渡しました。

う、う~ん、、、
引き抜いてしまったからには
食べるしか無いか、、、。
しょうがないので
男の子と一緒に食べる事に。

味は、、、飴の部分は
べっこう飴の味。
優しい味で美味しかったです。
そして心配だったリンゴの部分は、、、

みずみずしくて美味しい!

リンゴというよりは、、、桃??
なんだかリンゴと桃の間の子のような果物でした。

味もリンゴと桃の中間の味。

う~む
こんなフルーツ
食べた事ないよな~。
でもすごく美味しかったです。

食べている側から
他にも子供達がどやどやとやってきて
大賑わいになったので
私はそ~っとその場を離れる事にしました。

続きます、、、
ていうか、リンゴ飴の話で
終わっちゃったよ、、、。


昔はべっこう飴で細工を施したリンゴ飴は
よく売っていたのですが
今はまったく見かけませんね、、、。
時代?地域限定?
職人技の細工のものとか
あったんだけれどな、、、。
   ↓





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。