スポンサーサイト

Posted by aonei on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマーチアの人々。その7

Posted by aonei on 07.2012 宇宙の話(別次元?) 2 comments
そこから先は私とお茶の水上司との押し問答になりました。
とにかく上司は

「それは相手への干渉、ダメダメ。」

の一点張りで私の意見はまるっきり受け入れてくれませんでした。
通信を切った後もう一人の私は
「ほーらね、解ったでしょ?」
とぶっきらぼうに言われました。

でも、、やっぱりもう一人も同じ自分で。
そうは言ってももう一人の自分もアマーチアの人達に対する
将来の懸念や不安の感情はうっすら伝わってきました。

やっぱり心配してんじゃん、、、。

私は一旦落ち着いた後に
あの手この手でもう一人の自分をそそのかし、、、(←ヲイ
とにかく一旦ステーションから降下して
彼らの話を聞いてみようよ〜と提案しました。
彼らが将来に対して不安があるのなら、、、
アドバイスから啓蒙活動に持っていけるのでは?という
私のたくらみがありました。

もう一人の自分も話を聞くだけなら
干渉ではないかな、、、と
渋々私の意見を受け入れてくれ、
下に降りる事にしました。

もう一人の私は星に降りた後
様々なお家の扉を叩き、、、、
経過観察を理由に話を聞く事にしました。
アマーチアの人々はどこのお家も私達を喜んで迎え入れてくれ、、
質問をし、
いろいろ話を聞きましたが
事、将来の食料事情について聞いてみると
同じような反応が返ってきました。

「ん〜?なんとかなるでしょう〜?」

その根拠をたずねると

「解んないけど、なんとかなるような気がする〜。」

皆そんな答えで。

何それ?

まったく根拠のない楽観視?

食料紛争で自分の星が滅んだというのに、、、

地球に住んでいる私が言うのもなんですが、、、
いいのかそれで!?

と怒りがこみ上げてきました。

基本的には純朴で良い人達なのですが、、。

私達はそれでも多くのお宅を周り、、時には一緒に住んだりして、、
話を聞いたり干渉ギリギリまで話をしてみたりしたのですが
誰もその事に興味を示す人はいませんでした。
そしてそれを繰り返しているうちに
初代の移り住んだ最初の家族の長の人達が
寿命を向かえ、、、(50年くらいか?)
星内でほぼ世代交代を終える頃には
私達は一旦諦めステーションに引き上げる事にしました。

続きます、、。

相変わらず忙しい毎日ですが、、、
あー見ちゃっていますよ、オリンピック!
夜中中騒いで朝はどよ〜んとしています、、。

アマーチアの人々、、、今でも彼らの事を考えると
「人の振りみて我が振り直せ」この言葉が浮かんできます、、、。↓





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
スポンサーサイト

アマーチアの人々。その6

Posted by aonei on 09.2012 宇宙の話(別次元?) 4 comments 1 trackback
もう一人の私は立ち上がると
「*****、******。」と上司の名前を叫びました。
(上司の名前は覚えていません。)
すると頭の中に立体モニターみたいな映像が現れると同時に
頭の中で声がしました。
お茶の水博士そっくりの上司の声です。
上司と繋がるなりもう一人の私は地球の私に対して
文句ブーブーですよ。
「も〜信じられないですよー『自由意志』が通じないんですよ〜
本当にコレ(地球の私を指して)、私なんですか?
やってられないですよ〜
どうしてこんな事になったんだろう〜???
もーなんとかしてくださいよー!」
上司に対し最後はグチと泣き言を言っていました。

も〜失礼な!

上司はまーまーともう一人の私をなぐさめると
相変わらずのお茶の水博士のルックスで私を見ると
「聞こえているね?」
と言われ、私は
「はい。」
と答えました。
「君の話を聞こうか?」
と言われました。

私はアマーチアの人達の将来に対して
自分の意見を述べました。
いつかは枯渇していしまい
以前聞いていた争いが起きてしまうのではないか。
それに対して私はこちらのスタッフの方で
対策を打つべきなのではないか?と
言いました。
上司はう〜んとうなって
「君の言いたい事はとても解る。
だが先ほどもう一人の君が言っていたように
それはアマーチアの人達が望まなければ
自由意志に反してしまうんですよ。
彼らが先に発想し、強く望まない限りはこちらも
手は差し伸べてあげられないのですよ、、解りますか?」

な〜んかこういう話、
システム管理人達も言っていたような、、、とうっすら思い出し、

「じゃあ、、そういう事になっちゃうと
枯渇してしまってその後助けてください〜と言っても
動物はいない訳ですよね?」

「その通りです。」

「争って滅んでも致し方ないと?」

「そうです。それが彼らの選択であるのなら。」

「いやっ、、おかしいでしょう!?それ!?
私達は何かしらの危機だという警告と啓蒙を与えるべきでしょう??
私の星みたいに畜産という手法だってある訳だし、
もしかしたら植物だって食せるものがあるかもしれない、、
私はその道のプロではないけれど
そういう場所にも行って話は聞いているし
農業はやった事ないけど家庭菜園ぐらいはたしなんだ事はあるし、、
この情報をなにかしら役に立たせる事は出来ると思うんですよ。
だから、、
この先こいう事になるかも知れないから
考えませんか〜?とか
もうちょい勉強をして畜産の勉強会を開く、、とか
何かしらの手を打つべきだと思います!」

お茶の水博士はう〜んと唸って
自分のあごを触りながら
体を英文字のCのように曲げてこう言いました。

「ですからね、外側からだと
彼らが望んでいない事は手を差し伸べられないのですよ。」

また同じ言葉。

「望んでいない、、?
対策を打つ事を望んでいないのですか?」

「うーん、、なんと言ったらいいのかな〜
君、あんまり自由意志の事は解らないんだよね?
それはね、干渉に値します。
彼らが『対策を打ちたい』と決断しないと私達は
本当に動けないんですよ。」

「なんで?」

「彼らの意志を尊重しているからです。
その意志自体の結果が悪い結末になろうとも。
それが彼らの選択なら仕方ありません。」

続きます、、。


これを書いていて思うのは
どうやら「おせっかい」というのは
自由意志に対して反する感じですよね、、。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

アマーチアの人々。その5

Posted by aonei on 04.2012 宇宙の話(別次元?) 4 comments
さてこの食事の後
もう一人の私と一緒に地球の私もステーションに帰りましたが、
いつも疲れない種族のもう一人の私のはずが
めずらしくぐったりしていました。
地球の私は
「なになにどうしたの?」
と声を掛けると
「、、、あんた、うるさいし、、、」
と冷たく言われました。
話を聞いてみれば
地球の私が食事のシーンを見てものすごく大騒ぎしたその感情の波が
もう一人の私の意識にボディーブローのように効いてしまい
今までに感じた事のなかった疲れを感じてしまったとの事。

あーそー、、。

確かにね~
食事のシーンを見ながら私は
「ないっ!!ないない!」
と言ったり
「うわーありえないー」
だの
「無理無理!!無理無理無理!!」

だのそーとーエキサイトして
大騒ぎしていたのは事実ですが、、。
まさかその感情がもう一人の私を
タコ殴り状態にしていたとは、、。

しばらくした後やっと復活してきたもう一人の私は

「頼むから、、、彼らの習慣にいちいち驚かないでもらえるかな?
彼らの情報を教えてあげるから、勉強してくれない?」

と事務的に言われました。

「はあ、、すんません、、。」

私は少々怒っているもう一人の私に
あやまる事しか出来ませんでした。

彼らの情報を取得するのは簡単でした。
もともと同じ体なので
意識交換すれば簡単に出来ました。

彼らの寿命はだいたい地球年齢でいえば50歳代だという事とか
一回の出産により2,3人子供を産むとか、
食事スタイルは彼らのアイデンティテイなので
あのスタイルは変化はしないだろう、との事。
家族の繋がりがすべてと教えられて育ち
他人や他の家族に対してのコミュニケーションは
ほとんどない。
なので移住しても村などのコミュニティを作る気配もない。
前の星で食料をめぐっての悲惨な争いの過去がそうさせるのか
争いは好まない、、というか
今の所戦争みたいな事はしたくない、、とかたくなに思っている、、
など。

もう一人の私と情報交換しながら
地球の私は彼らの未来をぼんやりと考えてしまいました。
私はもう一人の私に言いました。
「あのさあ、、、今はいいけれど
彼らって狩猟しかしないんだよね、、。
その内この星の動物を食べ尽くすんじゃないの?」

「そうならない様しばらくの間
こちらの方で動物の観察はしていますよ。」

「それだけ?」

「そうですね。」

「えっ、、、でもさーアマーチアの人達って多産系じゃない?
あっと言う間に人口爆発になるんじゃないのー?
そうしたらまた狩る動物が減って
悲惨な争いが起きるんじゃない?
そうならないように何か対策は取らないの?」

もう一人の私は

「あんたの言いたい事は解るよ、、。
でもね、ここから先は私達は干渉出来ない問題なの。
ここの星における動物の観察を最初だけ。
あとは見守る事しか出来ないんだよ、、。」

と言いました。

私は声を荒げて

「はあ!?何ソレ!?
随分と薄情じゃないの!?彼らを助けたくないの?
私だってね~一緒にいるから解るよ!
あなただって彼らの事、嫌いじゃないし、、なんとかしたいとは
思っているんでしょう?」

するともう一人の私が
売り言葉に買い言葉なのかめずらしく声を荒げて

「そう!でもね、それを過剰にしてはいけないのよ!
『自由意志』という鉄の掟があるじゃないの!これ以上の
干渉は自由意志に反するんだよ!」

「自由意志~~??
そんなに守らなきゃいけないもの??」
と私。

「はあ~!?
あなたは自由意志について何を勉強してきたのよ
今いる星で!!」
ともう一人の私。

そして私は豪語しました。

「別に?な~んもしてないよ?」

するともう一人の私はひどくびっくりして
がくっとその場で崩れました。
しばらくうずくまった後ぼそりと言いました。
「、、、もう私じゃあなたを納得出来そうにないから
上司を呼ぶよ。
そこでいろいろ聞いてみてよ。」

自由意志、、、地球外では超常識みたいです。

久々のアマーチアの話、やっと書けました。
言い争っていても、どちらも「私」なので
なんだか恥ずかしいですね、、。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

そしてもう一人の宇宙人な私達。

Posted by aonei on 30.2012 宇宙の話(別次元?) 5 comments
この話には続きがありまして、、

もう一人の私曰く
この宇宙中に同じ時間軸で存在している
いろいろな私がいるんだと。
そしてその気になれば
距離を超えてもう一人の自分達と
コミュニケーションが取れるだそうです。

なにそれ、、、
聞いた事がないよ~そんな話!!

もう目からウロコ状態ですよ。
オマケにそれを確かめるすべがない。

ですがもう一人の自分は
実際遠く離れている別の場所の形状も思考も違うもう一人の自分と
連絡を取り合って、、、
そこから情報を得たのだそうです、、。
なのでやろうと思えば宇宙中の「自分」と連絡を取り合って
ネットワークを作る事も可能なんだとか。

そうか、、
そういえばクリエイター(仮)と世間話をしていた時
「自分はどこまでが自分自身とするのか?」みたいな話になった時、、、

「君はいったいどこまでを含んだ状態で
君だと認識するんだい?」

と逆に質問されたよなあ、、
もしかしてあれはこういう意味も含まれていたのかしら??

そして別にこの話は私に特別な話ではなく
地球にいる人達に対しても言える話なんだそうです。
全員か、、と言うとちょっと解らないんですけどね。
でもぱんぴーでフツー(え?普通じゃない??)な市民の私がそうなら
だいたいそうなのかも知れません。

とにかく正直う~ん、、ですよ。
これを聞いた時は正直混乱しました。

そして多くの私の存在から言わせると
地球の私が1番宇宙を理解していない!
言われてしまいました、、。
とほほ、、、
これにはちょっと心が折れそうになりましたよ、、。
まさか自分自身にダメ出しされるとはねえ、、。

この夢のブログを初めてだいたい3年、
まさかこういう展開になってくるとは思いもよりませんでした。
、、とはいってもこんな話を聞いてもピンと来ず、、
現実問題として通信する手段も知らないので

まっフツーに生活をするのみです。

という訳でまた話の続きに戻ります、、。
宜しくお付き合いくださいませ。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

もう一人の宇宙人な私。

Posted by aonei on 29.2012 宇宙の話(別次元?) 1 comments 1 trackback
皆さんお久しぶりになってしまいました。
今更ながら金環日食、堪能しましたでしょうか?
はい、、私も堪能しましたよ、
テレビで(涙)
メガネがね、、手に入らなかったのですよ。
前日の時点で買うチャンスがあったのにね、、
思いっきり油断していましたね、、
オマケに寝坊もしてしまいましたし、、、。

まったくもって、、、

たるんどるわ!!(怒)
いろんな方から怒号が聞こえてきそうです。

さて、今回は今書いているのをお休みして、、というか
補足になるのかな、、、?

実は金環日食前後からこんな夢を見ています。
遠いどこかの銀河系にいるもう一人の私、、ですが
今度は彼女が私の生活を見ている、、というもの。
状況が逆転したというのか、、
おい、観察の仕事はどうしたのよ??

もちろん私は普段の生活において
まったく彼女の存在を感じません。

だけど、、夢の中でいろいろ言ってくるのですよ、
携帯やパソコンが不思議だとか、
初めて森を見て新鮮だ、、とか、
雷雨にびっくり!だとか
なんかいろいろ話てきます。

アマーチアの人々の説明はあともうちょっとありますが
今度はもう一人の私の種族の話。
まー解った程度でですけれど、、。

身長は記事の通り大柄で、、、
微妙に性別がアリ。
食事を摂取する事はなく
休みはするけれど規則的に行なう睡眠はありません。
食事をしないのでトイレにもいきません(笑)。
彼女の種族は私達に比べて
感情の波が小さく、、最初私は
まるでロボットかコンピュータのシステムとお話しているのような
印象を受けました。
とはいえやはり生物なので
一応怒ったり、悲しんだりする感情はあるみたいです。
ただ、「さみしい」とか「孤独感」というのは
理解出来ないんだそうで、、
ずっと長い時間一人きりで作業とかしていても
そういう気持ちとかにはならないんだそうです。

あと見ていて面白かったのは
上司からとかスタッフからの連絡やデータのやりとりかな?

「データ(資料)を送ります~」
これがいきなり頭の中から聞こえてきたかと思うと、、、
頭の中にいきなりドーッと情報が流れてくるのですよ。
映像だの数字的なもの??資料を説明している音声だの。
そして頭の中に立体モニターみたいなのが現れて
もう一人の私は閲覧しながら資料を選り分けているのです。
パソコンのサーバのように
外部に情報をプールしている端末はあるみたいなのですが
私はめんどうくさいのか忙しい時は
使っていませんでしたね。
そして一旦送られてきた情報は頭の中で保存されるので
忘れる事もなく瞬時に情報を引き出しする事が出来るそうです。
いいよな~うらやましい限りです。
もちろん上司との連絡も通信機なんかあらず、、
頭の中で直接会話していました。
これってあれですかね~テレパシーなんですかね~??

そうなるとですよ、
逆に私が携帯やパソコンを使っているのが
そーとー不思議らしく、、

「なんで~?なんで~??」
と聞いてきました。
「なんで金属の物質(多分携帯電話かスマーとフォンの事らしい)を介してでないと
相手と話す事が出来ないの??」
「なんで情報を直に頭の中に送れないの??」
「なんで情報をいちいちモニターに(←多分これメールの話)出さないといけないの??」


私が彼女に夢でなんで~???と聞き倒した分
逆に今やられていますよ。

そして今の地球の状況を見せてあげると
「かなり混沌とはしているけれど
いろいろな思想、思考、文化が共存しながら
ひしめきあって生活してるのは面白い。
そしてそこから衝突しながらも
新しい発想が早く生まれるのも興味深い。」

と言っていました。
確かにアマーチアの人々は単一思想で、、
何か新しいものを生み出す、、となると
すごい時間が掛かっていましたからね。
そう考えると新しい発想の出現のサイクルについては
地球はとても早いかもです。

こんな事を日食前後に何日か夢で
彼女と話ていました。
長いので一旦締めます。


しかし、、ふと思ったのですが、、
もう一人の私って、、、
あきらかに異星人って事、、なんだよね?
まるでリアル「胡蝶の夢」みたいです、、。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
 HOME 
≫ older
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。