スポンサーサイト

Posted by aonei on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法陣、上級者レベル。

Posted by aonei on 18.2012 夢について(魔法陣) 0 comments
以前魔法陣の話を書きましたが
ちょろっと続きを見たのでメモ代わりに。

夢自体はだいたい2011年12月中旬かな、、
魔法陣というツールを使っていろいろなモノを作っている
くれいじーな人達の事を書きましたが、、。

魔法陣、、どう使ってる?

女の子先生が
「これは、、、上級者レベル!」と賞賛する作品がありまして。
、、いや作品というよりかは
試み、かな。

これはある女性の方がやっているらしいのですが
魔法陣を大きくして出現させるのではなく
うんと小さく、、、ナノレベルくらいの小さい魔法陣を作って
自分の体内に埋め込む、という事を
やっているらしいのです。

何が上級者かというと私達の感覚で
大きいモノは作りやすいけど
小さいものはとても作りにくいんですよね、、。
それがナノレベルまでいってしまうと
私達の実感の範疇を超えるので
とても難しいのです。
この方はこのとても小さい魔法陣を
自身の赤血球にいっぱい埋め込んで効果を見るのだそうです。

以前にも書きましたが
魔法陣の大きさと発動する力は比例していないので
1メートルの大きさであろうと
ナノサイズの大きさであろうと
発動する力は同じなのです。
なのでそういうものを体内に埋め込むなんて
正直大丈夫なのだろうか~?とは思いますが、
その人はそれを承知してやっているので
私が心配する事ではないと女の子先生に言われました。

とはいえ話を聞いたときは正直ぎょっとしましたが、、、。

女の子先生は
「私はツールを生み出しただけ。
ツール自体に悪意も善意もない。
あとはそれを使う人間がどのように使うかは
その人の心持ち次第。
正直そこにはあまり興味はない。」
と淡々と語っていました。

この魔法陣は私の感覚で説明するならば
普通の魔法陣がボールペンで署名するのに対し
女の子先生が作った魔法陣のツールは
認め印のハンコレベルの手軽さです。
さしずめ女の子先生はハンコの作り方を教えた感覚でしょうか。

私はというと相変わらず
そんな凝ったものは作れなくて、、
(というか作っていない
女の子先生に
「ひねりないわよね。」
と話すたびにちくちく言われています。

そしてこの魔法陣、夢の中は解らないですが
相変わらず私の日常の生活では
このツールの力は
まったく還元されていないですね、、。
というか
魔法陣の消去するワード(呪文)を思い出せないと
作る事なんて出来ないよ、、、フツーに考えれば(汗)






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

魔法陣、、どう使ってる?

Posted by aonei on 20.2011 夢について(魔法陣) 1 comments
以前女の子先生に
「この魔法陣はいろいろアレンジ出来るから
あなたもいろいろためしてみてね。
、、でもって何か面白いアレンジを考えたら
私に教えなさいよ。」
と言われましたが、、。

つい先日、夢で
私以外の修了生の作品(?)を見る機会がありまして。
そこは、、なんと表現したらいいでしょうね、、。
女の子先生が作った異空間の中に存在する
SNSサービスというか、、
修了生の人達だけがアクセス出来る
映像サービスのような、、、
うーん、、やっぱり上手い表現が見つからない、、
つたない表現ですいません。

まあそのサイトみたいな所に
修了生が
「こんなん作ってみました~♪」
みたいな作品(?)がアップロードされていまして。
立体映像なのですが好きに閲覧する事が出来るのです。
、、というか
私が修了してだいたい半年近く、、
まさか他の人達はこんなん作っているなんて、、と
正直驚きましたね。

とにかく魔法陣をひとつのパーツとして
積み木みたいに組み立てて
巨大建造物を作っている人とか。

これまた膨大な量の魔法陣のパーツを組み合わせ
魔法陣の効果を利用した
大きな動く乗り物を作ったり、、。

もう一言で言えば
「こいつら、くれいじ~だな、、、
と思わずにはいられない程の作り込んだ作品が
アップロードされていました。

作品群は割と建造物が多かったような印象があります。

そういう大物を作っている魔法陣の一つのパーツの大きさは
だいたい基本の30センチ。
これを何万個と出現させ並べたり
魔法陣同士を180度に重ねたりして
新しい効果を作り出したものを並べたりだの、、
もうあらゆるパーツをいろいろ組み合わせて
作り出しています。
私みたいにフツーに並べて壁のようにしている
のなんてのはなかったな~さすがに。

作られた建造物はどの場所に作ったのかは解らないけれども
確実にエネルギースポットを作っているよね、、この人達。
ま~見ている分には面白いのですが。

そうそうこれを見て思った事ひとつ。

この魔法陣の持つエネルギーって
どこから来ているんだろう?
自分でも使用しているから解るのですが
自分の力を使っている訳ではない。
手に埋め込まれたチップが
どこからかのエネルギーを引っぱって来て
出現させているような感じなのですが、、。
そしてアップロードされている作品を見ると
何万何百万個を組み合わせた膨大の魔法陣の数、
起動した場合のエネルギーもすごいけど、
こうやって出現させているエネルギーも
膨大ではなかろうか、、と
考えてしまうのですよ。
いったいこのエネルギーは何なのか、、?
修了生達ははしゃいだ感じで次から次へと
作品をアップロードしていましたが
私達ははたしてこのエネルギーは
いったいどういうものかという事を
教えられたのだろうか?
元来これはどういう目的のものだったのか?

それともやっぱり、、
私だけが覚えていないだけなのだろうか?

ちょっとそんな事を考えながら
ここのサイトをログアウトしました。

現在はここまで、この話はとりあえず終わり。
この先続くかどうかも解りません。

ま、夢だからね。

次回はやっと、、あのヒト登場か?





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

魔法陣、、使ってる?その2

Posted by aonei on 15.2011 夢について(魔法陣) 12 comments
はい、閑話休題。

その夜の夢というのがですねえ、、。

私はどこかの砂漠、、
かなり大きな砂漠の上空に浮かんでいる。
そして、、なんと自分で作った
直径1キロの魔法陣を縦方向に出現させて
その上にちょこん、と座っているのです。

砂漠はあたりまえだが快晴。
大気も安定しているし
魔法陣も上手く作れたよな~と思いつつ、
誰かと会話しているのです。
その会話が途切れ途切れなのですが
私はこう言っているのです。

「もし今度日本に対して*******するのであれば
今度こそ****しない。
これは忠告ではない、警告である。」

え~~~!?
何?ちょっと待ってよ、
私いったい誰にケンカ売っているのぉ!?

まるで自分の中に誰かに警告している強気な自分と
それを初めて聞いておたおた動揺している
二人の自分がいました。

だけどこの状況を見て思うのは
私は誰かに対して威嚇だけを
しているんだと言う事。
なぜならばこの魔法陣は大きさと威力は関係しない。
1キロの魔法陣を出そうとも
30センチの魔法陣を出そうとも
威力は同じなのだ。
なのでこうやって大きさで見せかけているのは
きっと私に攻撃みたいなものをする気はないんだな、、と
自分で勝手に想像して自己完結してみましたが、、。

と、ここで体の奥から
ず、、と地鳴りみたいなものが聞こえて来て。
は、と目が醒めると
現実の世界では
久しぶりの地震が起っていました。
震度は大した事はありませんでしたが
この地震で完全に夢から醒めてしまいました。
まだ明け方だったのでもう一度寝直しましたが
それから続きの夢を見る事はありませんでした。

あ~もうなんなんでしょうね~私。
ヘンな事に使ってなきゃーいいですが、、
それだしケンカはご免ですよ~。

そしてつい最近(先週くらい?)の夢といえば
私はどうやら東京湾らしき場所に立っていて
(スマン、場所はヒミツです。)
30センチの縦型の魔法陣をコツコツと出しながら
それを地道に下から並べて積んでいっているのですよ、数百個くらい。

もしこれが普通の人に見えるのなら
でっかい魔法陣の壁のように見えるかと。

そして出して並べている間に日は昇ってきて
私は
「あ~もう昇ってきちゃったのかー
今日もあんまり作れなかったな~」
なんて言っているし。

もー何してんだよ、ワタシ!
いったい何作っているんだよ~。
、、ていうかこれ、使わなかったら
全部魔法陣で消さなきゃいけないんだろか、、。
ああ、もうめんどうくさいじゃない、
いったい何してんだよ~


と今現在思っております。

もー正直げんなりです。

それにしても
この魔法陣ってのも
普段の生活においては
まーったく
なーんにも

還元されませんねえ、、

大分ラストに近づいて参りました。
次回はオマケの話。

久々にコメ欄の方を開けようと思います。
ですが限られた時間内で書き続けたいので
お返事はできないと思います、、すいません。
あと認証制ですので
営利目的や関係ないコメントはさくっと削除させて頂きますので
予めご了承くださませ。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

魔法陣、、使ってる?その1

Posted by aonei on 06.2011 夢について(魔法陣)
この話を書いている間
そういえば、、というのがあって。

8月末くらいかな?
仕事場に向かうバスの中で
たまたま座れてうとうとしていると、、、
寝ているはずの自分の夢の視界に円形なものが浮かんで来て。
自分の体の12~13センチくらい前に
円形のおぼんみたいなものが縦に二つ並んで浮いていて
回りながら光っていました。
円はだいたい直径30センチくらいかな?
上のおぼんは時計周り。
下のおぼんは半時計周り。
この二つの円が私の前で
きゅんきゅんものすごい速さで
回っているのです。

なんじゃらほい?こりゃあ、、、と
しばらくながめていて
触れるのかな?と思って手を伸ばそうと思った瞬間に
がたん、とバスは揺れて。
目を醒ますと
もちろんいつものバス車内の光景が広がっていました。

おおっと、、、
自分疲れているのかな?と思いましたね。
なんで円が回る夢とその時は思いましたから。
正直シュールな夢だな~と思いました
その時は。
でも今考えればあのデザインといい
あれって例の魔法陣だったのかな?と
思ったりしています。

そして2011年11月23日の祝日の日。
この日は仕事はお休みで
いろいろやりたい事はあったのですが、、、
この日はとにかく眠い!
昼過ぎまで寝て、、、起きてご飯を食べたら
夫の用事で一緒に銀座までお出かけ。
その車中でも眠く、、
あんなに寝ているのにまた車の中で
ぐ~ぐ~寝てしまいました。
その夢が、、、、

「なんだ私、起動する言葉を覚えているじゃん!」
と言っている私の言葉で始まり。
自分の側に女の子先生がいて
「あたりまえでしょ。」
と言いました。
場所は、、ぼんやりしていて
周りを確認する事が出来ません。

私は女の子先生に
「でもさ~目が醒めると忘れちゃうんですよ。
おっかしーな~今はこんなに全部覚えているのに。」
と言うと
「そりゃそうよ。
普段はあんたの意識の奥にしまっているものだもん。
でもこうやって覚えているって確認出来たから
安心したでしょ。」
と女の子先生は淡々と語りました。

その後の女の子先生の会話で覚えているのは
いろいろある魔法陣の中の種類で
異質なタイプのものがあるという事。
その魔法陣は
作った魔法陣やシールドを無効化する魔法陣。
使用目的はいろいろあって
まずは自分の作った魔法陣を消す為に
この魔法陣を作ってぶつけてあげると消滅するというのが
基本的な使い方なのですが。

この魔法陣の威力はさりげなくすごくて
他人の作った魔法陣やシールドや結界を
打ち破る力があるんだとか。
そんな訳でこの魔法陣を悪用されると困るので(どう悪用?)
「自分の生徒(講義を修了した者)以外には教えない」
のだと言っていました。
この起動言語も5文字くらいで
ナ行とカ行の文字が入っていたと思うけど、、、
忘れちゃいました♪(←またかよ、、

魔法陣にはいろいろアレンジが出来て
修了した者の中には
いろいろな魔法陣を組み合わせて新しい効果をねらったり
小さい魔法陣を2つ作ってそれを足首にはめて
自分の体に作用させる、、という人もいるんだそう。
「なんで手首じゃないの?」と
私が女の子先生に聞くと
「手首だと魔法陣を起動させる時の手に入っているチップに
なにかしらの影響をあたえるから
やめた方がいいかもと言ったのよ。」
と言っていました。

「この魔法陣はいろいろアレンジ出来るから
あなたもいろいろためしてみてね。
、、でもって何か面白いアレンジを考えたら
私に教えなさいよ。」
と言われて
ここで目が覚めました。

時計をみれば
寝ていたのはわずか5分くらい。
う~ん何時間も夢の中にいたような感じだなあ、、。

この後は目的地について用事を済まし
ご飯を食べて帰ってきても、、
まだ眠い、、。
もーいーや寝ちまおう!と思い
寝床に入ってうとうとするとまた夢を見たのですが
その夢が、、、、

長くなったので一旦置いて
続く。

この夢の時は記事を書く為に
夢の中で一生懸命起動言語を復唱して
覚えたまま目を醒めてみようとがんばってはみたのですが、、
やっぱり持ち帰る事が出来ませんでした、、。
だめですね~





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

魔法陣をマスターする為の試験。

Posted by aonei on 29.2011 夢について(魔法陣)
それからは必死で猛特訓。
いろいろな種類の魔法陣を呼び出す為の
言葉の暗唱。
それから魔法陣をいかに正円に近い形を作るか。
これを集中して特訓しました。
、、といっても断片的にしか覚えていないのですけれど。

魔法陣の大きさはね~
さほどたいした問題じゃないみたい。
大きさの設定は本人の出したい
陣の大きさをイメージするだけでいいみたいなので。
とにかくポイントは正円。
正円に近ければ近い程効力は増すそうなのです。

それから最後は出現させる場所。
床とかに横に出すのが初心者レベルで、、
最終的にはなにもない空間に
縦や斜めに出せれば一人前みたい。
いや、、何もない訳じゃあないんだな。
大気が安定した物質密度(?)が一定の場所と
言った方がいのかもしれない。
大気をキャンバスにして自由に正円の魔法陣を書ければ
終了なのです。
私の場合はなぜか縦型に魔法陣を作るのが
得意でして、、。
女の子先生に
「普通の人はそれ(陣を縦型に作る)を作るのが
結構苦心するんだけど、、、
あんた変わっているわよね?」
と褒められたのかなんだかわからない言葉を
頂きました。

そしていよいよ最終試験。
女の子先生の前ですべての魔法陣を奇麗に書ければ終了です。
起動する言葉を発して直径30~40センチくらいの
正円の魔法陣を書ければ終了です。
(縦に出しても横に出してもOK)
私はとにかく早くこの特訓、、
いや夢から解放されたかったので
一回でクリアしたいと緊張していた感覚は
なんとなく覚えています。
ここらへんの記憶はうすぼんやりしていて
どうしていたのかは良く思い出せないのですが
試験中は女の子先生や周りの人達から
「あと2つ!」だの
「あとひとつ作ればクリアだよ!」
とかの掛け声をもらって私は
「よっしゃあぁ~っ!!」と
大声を上げていたのは覚えています。

そして、、
最後のひとつを出した時に
「やったあーっ!!」と言ってガッツポーズをして
周りにいる人達と喜び合い子供のようにはしゃぎました。
そして騒いでいる間にふと
「あ、でもたとえマスターしたとしても
起動する言葉を夢から醒めた瞬間忘れないだろうか?
、、忘れちゃったらこの苦労はすべて水の泡に
なっちゃうんだろうか、、。」
そう思った瞬間

ぱちっ

、、、、、、、


、、、、、、、

目が醒めちゃった!

、、、、、、、

、、、、、、、

だんだん意識がはっきりしてきたのと同時に
今まで勉強してきた起動言語が、ぽろぽろと
頭の中からこぼれ落ちていくように
消えて行きました。
布団から起き上がるのと同時に
すーっかりまっさらになった私の頭。

、、、やっぱりね。

「ほーらーねー!
やっぱり記憶を
持ち帰れなかったじゃないのよ~!!
もー絶対こうなると思ったよー
そういうオチになると思ったものぉ~~!!」

ともう一度布団の中に入ってじたばたしていました。

あれからこの夢は見る事はなかったので
きっと終了したんだとは思いますが、、、。

正直、疲れた。

本当ならここでこの夢はちゃんちゃん♪で終わる予定でしたが
この記事を書いている最中、
なんと続きの夢を久々に見まして、、、。
まさかの展開です。

という訳でもうちょい続く。

めずらしく時間があるので今のうちに更新です。
書ける時に書いとかないと~
あっという間に年末だぁ!





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。