スポンサーサイト

Posted by aonei on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光に沿って走る。

Posted by aonei on 03.2012 不思議体験 0 comments
大分体調が良くなってきたのでゆるゆる復活です。

具合の悪い時って本当に苦しくて寝れないんですよね、、
一昨年にかかったインフルもそういう感じでした。

逆に治る前兆の時は何をしても眠いですね。
ま、そーゆー時は
寝ろ!って事なんでショ。

そんな訳で後半は楽しく睡眠とお付き合いしていたのですが
99パーセントはかなりどーでもいい夢を楽しんでいました。
自分の記憶の断片を繋ぎあわせたような
夢らしい夢。
目が醒めるとま~どうして
あんな夢みちゃったのかな~と思ったり。
しばらくはそんなんで普通の夢を楽しんでいました。

で、2012年4月1日の夢ですが
一瞬だけ不思議な夢を見ました。

眠りに入るうとうとした状態ですが
自分の目の前に大きな光が横切っていくのですよ。
その光は大きいながらも一本の線を引いていて、、
触れば掴めそうな感じだったので
私は走ってその光を追いかけていく事にしました。

もちろん光ですから走って追いつける訳はないのですが
とにかく私は走ってその光の正体を確かめたいと思っていました。

光に沿って自分が走っていると
だんだん光の幅が大きくなっていき、、、
そのうち周りの風景がうにゃ~んと歪曲してきて。
よくよく見れば光自体が周りの風景を
吸い込みながら走っているのです。

そして気が付くとすべての風景は光に呑まれてしまい
私の周りすべてが光になっていました。
進んでいるのかもどこにいるのかも解らない状態。

光の中にぽつんと自分が立っていて、、、、


ここで夢が覚めました。

時計を見ると夢を見ていた時間はだいたい10秒くらいでしょうか。

楽しい夢なのか悪夢なのか
判断に困る夢でありましたが、、、
私は「まっいっか~」
と2度寝したのは言うまでもなくです。



私が不思議な夢を見る時は
だいたい「うとうと状態」か
「夢導入時」か「覚醒前」ですね。
20パーセントくらい頭が起きている状態でしょうか。
このタイミングで見る事が多いです。
だから「クリエイター(仮)」にも
ツッコミを入れられるのでしょうね、、。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ



スポンサーサイト

小旅行とリメンバービリビリ。

Posted by aonei on 06.2011 不思議体験
先週の8月26,27日くらいでしたか
短い夏休みを取りちょっとした小旅行を
決め込みました。

本当はもっと長く旅行に行きたかったのですが
私が間の悪い感じで仕事が入っていたのと
家の工事も入れなくてはならず
結局この日程となりました。

行き先は当時豪雨で被害が出ている場所に近く
まだ雨はやまない状態。
正直どうしよう、、と思ったのですが
いざ行ってみると
車で移動中の時は降られたものの
自分達が外に出る時は
まったく降らないどころか
終始快晴!

asahi.jpg

ぬかりました、、、
案の定じりじりに焼けてしまいました。
その変わり私達のいない東京が
今度は豪雨で被害が出た模様、というニュースを
旅先で観てちょっとびっくりしました。

そんな訳で終止晴れていて助かった旅行ですが
あまりの暑さに久々にこのようなものを
頼んでしまいました。

kakigoori.jpg

お抹茶練乳入りのかき氷です。
甘いモノの苦手な私は普段はあまり頼まないのですが
暑さと疲れで思わず自ら注文してしまいました。
写真は、、、まだ一口も食べていないのに
暑さでもう溶けかかっています。

旅行では高温のサウナや温泉に入ったり
プールで泳いだり歩いて滝を見たりと
良く歩き、よく食べ、よく眠りました。
夫も仕事三昧だったので
久々の健康生活、デトックス状態だったろうと思います。

そういえば帰りの車の中で
あともう5分で家に到着、、という所で
いきなり両腕がビリビリしだして
ビックリ!
まるで腕の中に電気が流れるような感覚。
うわ~気持ち悪い、、、!
このビリビリは5分くらいすると
引いていきましたが
昔あったビリビリに似ていて
懐かしいような変な感覚になりました。
それにしてもなんだろう、、このビリビリ。
どうしたらいいですかね~こういうの。

なんにせよ
これで私の夏休みは終了です。

仕事が忙しいのでしばらくは
コメントの欄のクローズ&返事は控えさせて頂きます。
よろしくお願い致します。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

夢に父が出てくる。

Posted by aonei on 08.2011 不思議体験 4 comments 0 trackback
そういえば、、思い出した事があって。
震災前、、、3月9日ですが
どういう訳か夢の中に
亡くなった父が出てきたのですよ。
父はかれこれ4年前くらい前に
亡くなって久しいのですが、、、。

久々に夢の中で会った父は、、、
なんと随分若返っていて
私と同じ世代になっていました。

生前は「相棒」の杉下右京ばりの
びしっとしたオールバックだったのですが
夢の中の父は少し後ろに流すくらいの
ふわっとした髪型になっていました。
白いポロシャツを着用していて
ズボンは、、、カーキだったかな?
う~ん生前の父が着なさそうなラフな着こなしです。
そういう趣味でしたっけ?

そんな父をまじまじと見てみると、
あ~やっぱり私って父親似なんだな~と思うくらい
よく似ているんだと認識しました。
若い頃は父親に似ているなんて
なんだか嫌だな~と思っていたものですが、
今は別に気にしていません。

そしてとても若々しく同い年に見えるので
お父さんと呼ぶのがなんだか
気恥ずかしいなあ、、と思いました。

父との会話は主にプライベートな会話なので
ちょっとここでは語れないのですが
主に父にグチを言っていたように思います。
父は私のグチに困りながら
「そんな事いってもな~
ここに来るのは久しぶりなんだよ。
世間の事もあんまりよくわからないんだよ~。」

とぼそぼそ言いながら笑って困っていました。

夢から醒めて、、、
なんであんな夢を見たんだろう、、?と
その時は思ったのですが、
今思い返してみると
もしかして2日後に大地震が起る事を
知っていて様子見にこっちに来たのかしら??
と今更ながら勘ぐったりします。
も~教えてくれれば
良かったのに、、、。
それともあれかしら?
父は私が夢を見た事によって無駄に悩ませるとでも
思ったのかしら、、。
父の心意は解りませんが
地震が起きてしばらくたってからふいに思い出したので
忘れないうちに一応メモしておきます。

あ~また今大きい地震がきましたね、、、。
ではまたこのへんで。


私もね~普通の夢もちゃんと見るんだよ~。
   ↓





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

体の中から声。

Posted by aonei on 20.2010 不思議体験 8 comments 0 trackback
え~実を言いますと
先週の木曜日に(12/16)
インフルエンザ
かかってしまいました~、、、、、(涙)。

ループ大会の時は風邪を引いていた事といい、
最近結構ボロボロですなあ、、私。

そもそも、あまり怒り慣れていないせいか
怒り過ぎるとすぐ体の調子が
悪くなるんですよね、、。
いきつけのマッサージの先生曰く
怒ったり悲しんだりすると
体が緊張状態に入るので
体が固くなって冷たくなっていくんだと。
きっとそーゆー所から
ウイルスにつけ込まれたのでしょう。

と、そんな訳でそれは予告なく襲ってきました。
風邪のような前兆もなく
寒気から始まり、
関節が痛くなり→筋肉が痛くなり→リンパ節が痛くなり、、、と
体中痛い三昧。
「痛い」のフルコースを味わう事になりました。
横になっても痛くて眠れず、
2日間きちんと眠る事が出来ませんでした。

そして39度台まで上がった土曜日の明け方、、
夫は用事で名古屋へ。
私はなんとか熱を下げようと
お布団に電気毛布を入れて強化。
着替えて、水分補給をして。
そしてもう一度床につきました。
最初のうちはやはり眠れずゴロゴロしていたのですが、
そのうちウトウトするようになって、、、

すると
体の中の肺あたりの部分から
「よ~し、いってみよう!!」

って声が聞こえてきて。
それも男の人のような声。

それを聞いて
さすがに私は、、、
「あっちゃ~やばいよ、、、また熱が上がってきたのかな~
幻聴がきこえちゃったよ、、、。」

と、思いながらも

で、
何がいったい「いってみよう!」なんだろ?
と一人でツッこんでみた瞬間、

ダー~~ッ!!っ
尋常じゃない汗が吹き出してきて。

え?え?
この二日間、汗がでなくて
困っていたのに
いきなり吹き出るように汗が出てきたのです。

それからは一時間おきに汗でびしょびしょになった
衣類とタオルを取り替え、、、(5回くらい着替えた)
喉も乾くので水分を取り、、、(4リットルくらい飲み干した)
5時間くらいで39度台から37度台まで下がりました。

今は熱も平熱になってきましたが
大事を取って休んでいます。
ウイルスを振りまいてしまうと
まずいですからね、、。

それにしても
あの声、、、なんだったのでしょう?

高熱による幻聴、、、でおさまる話ではあるとは思うですが
「いってみよう!」って、、
なんだかドリフの長さんみたいだよなあ、、、。

なのでちょっとメモ代わりに
書いておく事にしました。

まだ体調が完全ではないので
このへんにしておきますね。

では皆様もインフルエンザには気をつけてくださいね。


そろそろ宇宙の夢の記事の方も書きたいよ、、。

    ↓





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村



ちょっと参加しています、、。


愛ある突き放し。

Posted by aonei on 13.2010 不思議体験 10 comments 0 trackback
感情の大ループ大会を書き始めてから
すでに1ヶ月以上経つのですが、、
本当に色々ありました。
正直言ってあれはまだまだ前菜、いやいや
予告、、、みたいなものだったらしく。
書いた後からいろいろな事件が次から次へと、、、(涙)起こり
特に先週はちょっとしたショッキングな事件も起ってしまい、、、
毎日毎日ヘトヘト状態になりました。

でもそんな状況で案外冷静でいられたのは
管理人(医療担当)の言葉、
特にあのタンスの話。
(詳しくは感情の大ループ大会。その2を参照して下さい。)

これがとても役に立ったのです。
記憶を整理する、、というのは確かに難しいですが
それを知る、知らないでは
何か事件が起った場合、
感情の収めどころが違うんだなあと
実感しました。
本当に涙が出るくらい
腹立たしい事もあったのですが、
「感情」と「記憶」を選り分ける事で
なんとか自分自身が揺らがず、見失わず、
立っていられるんだなと思いました。

そしてもうひとつ実感した事。
管理人達やクリエイター(仮)の
私に対してのあの態度、、。

あれは、、、
「愛ある突き放し」だったんだ。
そう思いました。

なぜならある事件の後
自分もある人に対して(夫じゃないよ。)
いつの間にか同じような態度を取っている、、とう事がありまして。

それは、、、
その人に対しあきらめとか失望ではなく、

必ずやその人が立ち上がるであろう、、、
そう確信しての態度。

そういやそうだ。
最初に言っていたっけ、、
「愛」はあのヒト達の言動において
すべて織り込み済みの状態であり、、
愛という感情も実は特殊な地球ならではの感情で
こちらではすでに古い感情なんだと、、。
彼らが話ている
そこから先の感情は今も解らないけどね(私自身がね)。

なので
その人の為を思わない限り
そういう態度はしないんだな、、と思いました。
逆に言えばよしよしとむやみに甘やかすのは
一件本人に対してよさそうですが、
実はその人の立ち上がる力を信じても尊重もして
いないのかも、、と感じます。
まあ、、、、人にとっては
後者の方がいいよ~自分を甘やかしてよ~と
言うかもしれませんが、、、。

さて、
話はちょっと戻るのですが
記憶を整理して思った事は、、
なぜだか楽しい記憶や嬉しい記憶って
印象薄いのね、、、。
我ながら驚きました、、。
いや、もちろん、記憶としては
残っているんだけども。
圧倒的に悲しい、辛い、怒りに直結する記憶の方が
鮮明に覚えているんだよな、、。
あ、あと恥ずかしい、とかも。

我ながら
あきれてしまいました。

これってちょっとバランスが悪いかも、、と
思いました。
もっと楽しい記憶を鮮明にして貯蓄しなきゃな~。

まあそんな感じで相変わらず記憶整理は
自分の中では絶賛続行中なのですが、、
私の周りを見るとなぜだか
そうしなくてはいけない人が多くて、、、
偶然だろか?
もしかしたら私と同じ様にそうしなければいけない人が
多いのかも知れない、、、
そう思ったりします。
まあこれは私の個人的な見解ですのでね、
信じるも信じないもあなた次第。(←都市伝説??)
人の数の分だけ物語がある訳ですからね。

なんのかんの言っても、
結局これは私の物語。

そう思う。


書き終わって思った、、、
これってつまり精神哲学で言われている
内観って事?
    ↓





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村



ちょっと参加しています、、。






 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。