スポンサーサイト

Posted by aonei on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

醒めても夢。

Posted by aonei on 13.2012 夢について(地球内) 4 comments 0 trackback
またちょっと間が空いてしまいましたが、、、
今年もゆるゆる行きたいと考えておりますので
よろしくお付き合い下さいませ。

さて先日ちょっとある種の夢を見ました。
皆さんは見た事があるでしょうか、、、

醒めてもまだ夢という夢。

私は久しぶりにこれを見ました、、
いや~正直あせりましたよ。

この日は忘れもしない2012年1月9日。
この日は夫が会社に行くので朝食を一緒に済ませて送り出し、
マッサージの予約の時間までまだあるので
リビングでちょっとお昼寝しょうかな~と思い
携帯の目覚ましを掛けて寝る事にしました。

夢の内容は今となってはあまり覚えていませんが
ぱちっと目が醒めると時計は15時を示していて。

え?目覚ましが鳴らなかったの?
うわっどうしよう!?

私は飛び起きてもう一度時計を確認しました。
私は大声で
「うわ~やっちゃったよー!一時間も遅刻じゃん!」
と叫びながら携帯を持ってウロウロ。
もちろん一回は先方に連絡しないといけないのですが
こんな状況ではたして再予約出来るのかしら、、、
と考えていたら、

ぱちっ。

夢から覚めました。

私は体を起こして
今の、、夢だったんだ、、ああ良かった、、、と思い
時間を見ると

14時!

予約の時間が14時なのでやっぱり遅刻です。
でも今から大急ぎで支度して車で飛ばせば
やってくれるかも、、、と考え
まずはやっぱり先方に電話だよなーと思って
携帯に手を掛けると

ぱちっ。

また目が覚めました。

おおお、、、これも夢だったのかよ、、、と
おそるおそる時計を見ると

13時21分!

私はがばっと身を起こして
これが現実!?まだ間に合うじゃん!

私は再度時計を確認し、テレビなどを付けて
現実世界だという事を確認してから
大急ぎで支度をして家を飛び出しました。

それにしてもなんで携帯の目覚ましが
鳴らなかったんだろう、、と後で確認したら、
何を勘違いしたのか設定が14時!になっていました。

おいおい私、、このまま目覚ましが鳴るまで寝ていたら
確実に2回目の目覚めのパターンを践んでいたんだな、、と思い
ちょっと身震いしました。

ええ、もちろんマッサージには時間通り到着して
気持ちよ~くやってもらいましたよ。

こういう夢はたまに見たりするのですが
やはりこういうのは悪夢と言うのですかね、、
でも今回はこの夢に助けられたかも。

コメントを入れてくれる方々ありがとうございます。
お返事は出来ませんがちゃんと読んでおります。
相変わらずこんな出だしですが
今年もよろしくお願い致します。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

こすって拡散せよ。その3

Posted by aonei on 23.2011 夢について(地球内)
「こりゃ大変だあ、、。」

地震が終わって私は地図を見ながら
ため息をつきました。
するとまた

「地震発生。震源地域は、、、」

とアナウンスが。
休んでいる暇はありません。
また全員地図に向かって親指でごしごしです。

最初は訳が解らずむやみやたらに
ごしごししていましたが、
これが3回、4回となってくると
なんとなくですがコツがつかめてきまして。
地図にもエネルギーの流れの道がしるしてあるので
それを見ながら赤い点を追いかけたり、
親指をやたら強く押さなくても要領よく
消せるようになって来ました。

真剣になって作業をしていた人達も
私と同じ心境なのか
作業を重ねる事に休憩時間になるとくつろぐようになり。
そのうち
わいわいと歓談するようになってきました。

そしてまた地震情報が流れ
ごしごし作業していると
ふいに自分の体が揺れはじめました。
「え?」
と思う瞬間
現実の私が目を醒ましてしまって。
すると本当に自分の家が地震で揺れていました。
私は寝ぼけながら
「なんだよ、、自分の地域も地震かよ、、、
私、赤い点を消し忘れていたんだな、
戻らなくちゃ。」
と、またもう一度夢の中へ。
(これを二度寝と言う。)
案外すっと戻れて
地図の前に座っていました。
隣の男の人は私を見るとびっくりして

「どうしたの!?一瞬消えたから、、、。」

「あ、一瞬目が醒めてしまったんですけど
自分の住んでいる地域が地震だったので
それを打ち消す為に戻ってきたんですよ~。」

と私が言うと
隣の男の人を始め周りにいた人達から
どっと笑い声がしてきて。
周りの人達から
「働くね~!」とか
「せいが出るね~。」とか
言われました。
そして作業に取りかかり
自分の地域の赤い点も消し終わり一段落。

この後周りの人達とおしゃべりしながら
作業をしていたのですが
二度寝のせいかゆるやかに目が醒めてきてしまい、
今度は完全に目覚めてしまいました。

起きた後は正直
「変な夢、、、。」
としか感想が出てきませんでした。
ただ後からいろいろ思いだしてみると
あの地図、、便利そうだな~と思いました。
あれがあれば
もっと違った形で防災ハザードマップが
作れたのかも、、なんて思ったりします。
なんてったって地中における地震の伝わり方が
事細かに記してありましたからね。

最後に、、
本当にこの時期は地震が多かったです。
だからなのか、、、
そのうち震度3ごときじゃあ
私、起きなくなってしまいました。
これはこれで、、、やばいですね
今はそんな事ないですよ(多分)。

そしてこれ以降このバイトの夢は見ていません。
なのでこれはこれで
おしまいとさせて頂きます。



仕事が忙しいのでしばらくは
コメントの欄のクローズ&返事は控えさせて頂きます。
よろしくお願い致します。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

こすって拡散せよ。その2

Posted by aonei on 17.2011 夢について(地球内)
ちょっと更新が空いてしまいました。
世の中ではお盆の終盤なのですよね、、。
私はまったく関係ありません~
もちろん土日も仕事でした、、
体調も大分復活してきましたが
まだ完全ではないですね、、。

てな訳で続きです。

******

しばらくぼんやり地図を見ていると
いきなりどこからかアナウンスが。

「地震発生。震源地は福島の○○地域、
マグニチュード○、○、、」


まるでニュースのような情報が聞こえてきました。

すると地図の方にポツポツと赤い点が浮かんで来て。
え?何だろこれ、、と思っていると
隣に座っている男の人が
「何しているの!ぼんやりしていないで
赤い点を親指でこすって!早く!!」
と言われました。

私はあわてて周りを見渡すと
その場にいた人達は皆うお~と言いながら
地図上に浮かぶ赤い点に親指を押し付けて
ものすごい勢いでこすっています。

私も見よう見まねでこすってみますが
どこまでやればいいんだか、、。
私は隣の人に
「これ、どこまでやればいいんですか?」
と聞くと
「この赤い点が消えるまでだよ!
赤い点はエネルギー溜まりだからね!
これが消えないと
大きなエネルギーのまま地震が
各地域に伝わってしまうからね!」
と言われました。

そうなのか、、と思いながら
こすってみますが
なかなか赤い点は消えません。
それどころか赤い点は流れるように移動していきます。

私はまたまた隣の人に
「なかなかこれ、消えませんよ~。」
と言うと
「もっと指に対して集中にした方がいいですよ。
エネルギーを込めるようイメージしてみたらどうですか?
、、というか僕も集中したいから
声掛けないでもらえますか!?」
とあしらわれてしまいました。

仕方ないので
赤く浮かび上がる所を目で追って
親指でごしごし~ごしごし~。
確かに指に意識を集中すると
赤い点も早く消えていきます。

どのくらい経ったのでしょうか。
地図上からすべての赤い点が消えると
全員が地図から体を離し
はあ~~っと大きなため息。

すると

「地震終了、地震終了。」

とアナウンスが流れて来て。
とりあえず作業が完了したんだと
解りました。

続きます、、。

先週から激務が続いているのでしばらくは
コメントの返事は控えさせて頂きます。
よろしくお願い致します。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

こすって拡散せよ。その1

Posted by aonei on 20.2011 夢について(地球内)
さて、、これは2011年4月頭くらいの夢の話なのですが。
今見ているものに通じるのかは
今の時点で解りませんが、
内容が面白いので
メモ代わりに書いておこうと思います。

覚えている限りでは
いきなり誰かとの話し合い?ではじまります。
話合い、、というよりかは
その人から説明を受けている感じ。
その人とどこかに向かうのか
一緒に歩きながら説明を受けています。
内容的にはどうやら私、、、
バイトをするらしい。

会場らしき場所につくと
グレーっぽい何もない空間に
かなり大きな長細い会議机(折りたたみ出来るやつね)
とパイプイスが横に並んでいて。
そのイスに何人かが座っていました。
私は指示されて割と隅の方に着席、
隣には20代くらいの男性の方がいて、、
初対面なので「あ、どうも、、。」とお互い軽く会釈しました。
男性は多分、、日本人でしょう。
痩せていてひょろりと背が高く
眼鏡を掛けていました。

席に座った後スタッフらしき人が
各一人一人に地図みたいなものを渡していきました。
私は東京のある区域一枚と神奈川県のある区域の一枚、
東京の地図を目を通してみると
私の住んでいる区域も表記されていました。
その次にもうひとつシートみたいなものを2枚渡されました。
半分透けたようなシートで線みたいなものがびっしりと
書いてあります。

なんだあこりゃ?

「これを地図に合わせて下さい。」
とスタッフの人が言いました。
私は指示を受けて東京の地図と重ねると
地形と線がぴたっと合います。

説明を聞いてみるとどうやらこの線というのは
東京都と神奈川県に流れる土地?のエネルギーの流れらしい。
山や丘や川、水路などでエネルギーの流れは変わるのか
短く区切られていてものすごく細かくびっしり表記されていました。
へたをすると建物ひとつ、
道ひとつで流れは変わるらしい。
思わず地図を眺めながら
「へ~ここってこういう風になっているんだ~。」
って思って感心した記憶があります。

そしてスタッフが
「今からそのシートに赤い点滅が表れます。
その赤い点滅は地震のエネルギーの流れているポイントです。
あなた達の作業はその部分が現れたら
親指を使ってその部分をおもいっきりこすって下さい。」

親指?はて?なぜこするんだ?

私は意味が解らず
おずおず隣の人に聞くと
「そうやって自分達のエネルギーを
地震のエネルギーにぶつけて拡散させて
地震が大きいまま伝わらない様にしているんですよ。」

「はあ、、。」

解ったような、解らないような??

このバイトなのですが男性の語る所によると
毎日交代制でいろんな人が申請して
この作業にあたっているらしい。
そして地震を大きくさせない努力をしているのだそうです。
もちろんこの作業はボランティアなのですが、、、。

はて?私、、いつそんな事申請したっけ?
まったく覚えがありません。
ただここに来た以上
さぼるのも他の人に申し訳ないというか、、
迷惑がかかりそうなので
とりあえずこの場は参加する事にしました。


続きます、、。



先週から激務が続いているのでしばらくは
コメントの返事は控えさせて頂きます。
よろしくお願い致します。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

彼女の骨。

Posted by aonei on 13.2011 夢について(地球内) 10 comments 0 trackback
11日の大地震、、皆さま大丈夫でしょうか、、、
あまりの出来事と被害に本当に心が痛みます、、。
一日でも早く復興出来る様多くの方が助かる様
心からお祈り申し上げます。

ここからの話は地震の直前まで見ていた夢の内容です。
これは、、あくまでも記録であってメモの代わりです。
そこにはどういう意味があるのか
私にも解りません、、。
それをふまえた上で読みたい方だけ読んで頂く事を
お願い致します。

当日の私は、、、
実は地震のおきる直前まで昼寝をしていました
前日にやっと仕事のめどがついて
夜遅くに帰ってきて疲労でダウン。
当日起きても疲れがとれず、、、でも
夕方から仕事で出かけなければならなかったので
昼寝をして少し体力を回復しようと思いました。

うとうとしていた時に
夢を見ました。


どこかの空間に自分は浮かんでいて、、
見渡せば真っ黒い空間。
しかし時間と共にあたりが良く見えてきて、、
よく見てみれば正面にものすごい黒くてでかい、、これは岩?
どうやら巨大な一枚岩が壁のごとくそそり立っているみたい。
岩の底辺を見てみればすいこまれそうな黒い奈落の底。
下はまったく見えません。
、、というか
私は地中の洞窟にでもいるのだろうか?
なんだろうこれ、、と思っていると

「さわってはいけないよ。」

どこからか男の人の声。

でも、、クリエイター(仮)ではないみたい?

いったい誰なんだろう??

「これはね、彼女の、、、そうだね、骨みたいなものかな?
大事なものだから触ったり掘ったり
搾取してはいけないよ。」

「掘る?私が?
こんな岩を掘る事なんてできませんよ。
、、でももしそうしたら
どうなるんですか?」

「彼女が起きる。」

「それって、、、あの彼女(地球内彼女)!?
起きるって事は、、、!?」

「止まらない活動が起きる。
それが何を意味をするのか解るよね?」


「解りますが、、この岩が骨だなんて、、。」

「本当の骨じゃあないよ。
たとえみたいなものだ。
どちらかと言うと彼女の神経の一部、、脊髄みたいなものだ。
触れば反応してしまうんだよ。」


「私達がこの骨を触れられるんですか、、?
見た所相当の地中深いじゃあないですか、、。」

するとその声は

「君たち人間はなんでも掘ってしまうでしょ?
うっかり触ってはいけないと言っているんだよ。」


と厳しい声に変わりました。

すると地球の地図、、
まるでグーグルマップのような画像が目の前に出て来て、

「地殻やプレートは微妙なバランスの元に
絶妙な位置の上で成り立っている。
そこにエネルギーラインが網の目のように張り巡らされいる、、、
膜が覆っているように見えるかもしれない。
そこにクギを差し込む事は危険なんだよ。」


と地図にポイントをあてて
説明してくれました。

私は聞きながら
はあ、、クギ?これってあれかしら?
海底油田とかボーリング技術の事を
言っているのかしら、、。
でもこの場所はもっと深そうなんだけど、、。
というか
そもそもなあ、、私に言われてもなあ、、。
そんな風に思っていると
そこからふいに記憶が途絶えてしまいました。


しばらくして
携帯アラームの音がどこからか聞こえてきて、、。
携帯のアラームを止めて、
さあ、起きるか、、、と思って窓を見た瞬間。

、、窓がカタカタいっている、、、。

風?

、、ああ、、地震?
すぐ収まるのかな、、、?
そして立ち上がった瞬間に
どおっとあの揺れが襲ってきました。
私は揺れる中を大急ぎで猫を探しにいって、、
寝室が1番ものがないので
扉をすべて開けて猫を連れて
もう一度寝室に入って揺れが収まるのを待ちました。
揺れる中で思っていた事は、、、
もしこの建物が倒壊するような音がしたら
とにかくこの猫だけでも外に逃がさなくちゃ、、!
そんな事を考えていたような気がします。

揺れがあらかた収まって、、、。
室内は突っ張り棒の効果があったのか
ほとんど被害はありませんでした。
本棚の本も落ちませんでした。

私は夫が帰ってくるまで
余震がくるたびに猫を抱きしめながら
「これは現実なの、、、?
夢じゃあないんだよね、、、
夢なら醒めて欲しい!」
と猫と一緒に緊張していました。

もちろんこの後の仕事はキャンセルしました。
ただキャンセルをするのに
先方に連絡する事が出来なくて、、(携帯&電話&メール不通)
本当に困りました。

これが私の直前に見た夢の顛末です。

あまりにタイミングが良すぎて
これが予知夢かどうかは解りません。
ただ、、
夢を見て一分で実現する予知夢なんて
、、正直むなしいと思いました。

ここ最近の一連の夢といい、
いったいなぜあんなものを見なくてはいけなかったのか?

今でも私としては夢にはそんなに重要な意味はないと思っている、、。

そして夢と現実とはリンクして欲しくない。

今はただ、、
そう思っています。



そういえばあの声って誰だったんだろう、、。
    ↓





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。