スポンサーサイト

Posted by aonei on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒られて、地球に帰る。

Posted by aonei on 12.2009 夢について(海王星・カイパーベルト) 4 comments 0 trackback
海王星に戻されると
同行したシステム管理人の他に
もう一体の存在が。
どうやらこの存在は
このシステム管理人の上司らしい。
後で聞いたら
カイパーベルトを抜けたあたりから
私を見失ったらしく、
慌てて上司を呼びにいったそうだ。

その上司に開口一発、

「だ~め~でしょ!外にでちゃ!」

、、、、怒られてしまいました。
この後はくどくど
お説教タイムに入ってしまうのですが、
なんでも上司が言うには
宇宙訓練も浅く、それなりのシステム(?)を
魂(データ)に搭載していない状態で
太陽系の外に出るのは非常に危険だという事。

あのまま先に進んでいたら
魂(データ)が分裂してしまい、
分裂した方は宇宙の迷子になるし、
実体の方は病気など
体や精神などに支障が出るとの事。

「それにしても、あんな状態で壁抜けをするなんて、、、
君はなんてめちゃくちゃなんだ!」

、、と言われました。
はぁ~~~さいですか~~~~、、、。�������

さんざん怒られた後には
「帰ったら検査をした方がいい。
多分壁抜けをした時に魂(データ)が
少しならずとも損傷しているだろう。
もしこの先(銀河系)を見たいのならば
しかるべき訓練を重ねてしかるべきソフト(??)も
魂に入れてからチャレンジしなさい。
それが自分自身を守る事になるんだよ。」

と言われました。

帰る時に改めて地球を見たのですが、
やっぱり太陽に近い地球よりも海王星は
明るかったです。
やっぱり自力で発光しているのかしら?

帰って目が醒めた後に
いろいろ調べたのですが、その時に
気になる文章を見つけました。

ヘリオポーズ (Heliopause)、、、、
太陽から放出された太陽風が
星間物質や銀河系の磁場と衝突して
完全に混ざり合う境界面のこと。
太陽風の届く範囲を太陽圏、または太陽系圏、
ヘリオスフィア (Heliosphere) などと呼ぶが、
その宇宙空間との境目を表す用語である。


う~んあの壁はヘリオポーズだったのかな~?
謎は深まるばかりです。

興味を持ってもらえたら
彼ら(?)も喜ぶらしい、、、、。

  ↓




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

太陽系、その先には?

Posted by aonei on 11.2009 夢について(海王星・カイパーベルト) 1 comments 0 trackback
こうなるともうちょっと見てみたい、、、と言う
欲求が出てきて、
あともうちょい、あともうちょいなんて
思いながら先を進んでいきました。
そしてある所までくると、

がつん、

宇宙空間なのに何かにぶつかりました。

宇宙空間なのに壁が!?

先が見えているのに見えない壁が立ちはだかって
先に進む事が出来ません。
見れば壁の周りの空間も歪んでいるような、、、。

そういえば、と思い出しました。
確か前にクリエイター(仮)と話をした時に
太陽系とその外では次元の調律域が違う、、、なんて、
言っていたけど、

もしかしてここがその境目?

え~~~
ここまで来て先が見れないなんて、、、
なんとかならないの!?
と思いだめもとで
見えない壁をあちこちばんばん叩いて
隙間みたいなものjumee��aはないか
調べてみる事にしました。

今考えるとこの時の自分は無我夢中で
好奇心の塊状態になっていました、、、。
その思いが何かを変えたのか
いきなり自分の中で何かが「かちっ」と
合わさる感覚がした瞬間、
つるりとその壁を通り抜けする事が出来たのです。

ちょっと拍子抜け状態でしたが、
やった!外に出た!という開放感で
いっぱいになりました。

太陽系の外は意識がものすごく広がり
今までに感じた事のない
すがすがしい感じがしました。

ここから先に行けば銀河系の中心にいける、、、、

この先には太陽系よりもっと星がいっぱいあるって
宇宙番組で言っていたっけ、、、。

本当に銀河系の中心には巨大なブラックホールがあるのだろうか、、、。

なんて思いながら
フラフラ進もうとすると、

「これ以上行ってはいけない!!」

という大きな声と共に
首根っこを掴まれたかと思うと
ぐいーーっと一瞬で太陽系の
海王星に戻されてしまいました。

つづく、、、。

興味を持ってもらえたら
彼ら(?)も喜ぶらしい、、、、。

  ↓




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

海王星、そしてカイパーベルトへ。

Posted by aonei on 09.2009 夢について(海王星・カイパーベルト) 0 comments 0 trackback
この岩石の帯みたいなの、、、、もしかして最果ての
え~となんだっけ、、、、
カイパーベルト?なのかな、、、、??

なんにしてもいつの間にか
このカイパーベルトの中に入ってしまい、
自分の体が大きいとはいえ、この岩石の帯から
どうやったら抜け出すのか全然わからずじまい、、、。
おまけに動くたびに岩石や氷の集合体がばしばし体に当たり
痛いのなんの、、、、。����

どうしたらいいのか解らず
体だけじたばたしていたら
事の次第に気がついたシステム管理人が
あわててやって来て、
「むやみに動かないで!」と言われました。

「むやみに動くと岩石や小惑星をはじきとばしてしまい、
それが周りまわって地球にきたら大変でしょ!」

と言われ、

うわわわ、そりゃそうだ、、、
でも、じゃあどうすればいいの!?

「カイパーベルトの下に降りていって
岩石がなくなった所で移動して抜けなさい。」


いやいや、その移動の仕方がわからないんだって、、、。

「う~ンそうだね、、、水泳みたいに泳ぐような形で
潜ってみたら?」

水泳ねえ、、、
確かに水の中と宇宙空間って似てるよね、、、
とにかくやるしかないか~���[��

そう思ってなるべく手足を岩石に当てないよう、
ゆっくり手足を左右に掻いてみました。
思ったより上手くいきそうなので
平泳ぎのような要領で体を動かし、
潜水のように下に潜っていきました。

潜りながら自分の姿を想像すると
なんだか可笑しく、、、、だって

宇宙空間で平泳ぎってどうよ!?

夢ながらも可笑しくて笑ってしまいました。
潜ってしばらくすると岩石がない空間が出てきて
自分の視界の上の方、、、天井に岩石の帯が広がってみえます。

ああ、抜けたんだ、、、良かった、、、。
とりあえずこのカイパーベルトを抜けたいので
あとはひたすら横に移動していきました。
もちろん平泳ぎで。�A�b�v���[�h�t�@�C��

しばらくすると上の視界の岩石が無くなり
完全にカイパーベルトが抜けた事が解りました。

それにしてもこのカイパーベルトって太陽系をぐるっと
囲んでいるんだよね、、、。
惑星に環があるように太陽系の環がカイパーベルトみたいだよね、、、。
なんて思っていると、
いつの間にやら
あれ?よく見るとじぶん、
海王星とは逆の場所に出て来ている、、、。

あ、
ここってもしかして太陽系の最果てって事?
じゃこの先には何があるの?


夢ながらちょっとわくわくしてきました。

続く、、、、。
ちなみにエッジワース・カイパーベルトについての説明は
こちらのデータでどうぞ。(でもむずかしいです、どの説明も、、、。����
   ↓
オールトの雲&エッジワース・カイパーベルト

興味を持ってもらえたら
彼ら(?)も喜ぶらしい、、、、。

  ↓




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

海王星にいこう!その2

Posted by aonei on 08.2009 夢について(海王星・カイパーベルト) 0 comments 0 trackback
海王星の美しいブルーの色がほんのり発光していて
その青い物質が
なんなのか良く見ようとして
近づこうとしたら

「これ以上近づいては行けないよ。
重力が大きくて歪んでいるのがわかるだろう?
まだ(大きさの)コントロール出来ないのなら
ここにいた方が無難だ。」

ここからは表現が大変難しいのですが、、、

確かに海王星に近づくと妙な物質の存在感を
感じるのです。
太陽の時もそうでした。
なのでこれが重力見たいなものかな、、、
なんて思いました。
それによくよく星の周りの空間を見てみると
なんか黒くゆがんでいる部分(?)があるし。

確かに自分自身はコントロール出来ないので
惜しいな~と思いつつ
それ以上近づくのは諦めました。
それに、、、、

遠くからでもとても美しいのです。
水(?)とは違うまた異なる青さ。
大気らしいのも見えるのですが、
それもうっすら青い。
それがまた奇麗で。
専門家の人達はこの惑星より
水がありそうだから、という理由で
衛星の「トリトン」の方に興味を示している
みたいだって宇宙の特集番組で言っていたけど、、、
現実にこの惑星を見たら
惹かれずにはいられないと
思うだけどな、、、、なんて思いながら
違う角度でこの星を見ようかな~なんて
思い、少し海王星から離れてみると、、、、。

あたたたっっ!

なんか自分のお腹らしき場所に石の破片みたいなものが
どすんどすん当たります。
何この石、、、あれ?これ岩石?氷?
周りを見渡すと海王星のすぐ後ろ側
(といっても人間の距離で行ったら相当あります。)に
岩石や砂(?)や氷や小惑星が密集した
帯らしきものが見えて来ました。

続きます、、、。

ちなみに海王星についての
データはこちらでドウゾ。
  ↓
 海王星

興味を持ってもらえたら
彼ら(?)も喜ぶらしい、、、、。

  ↓




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

海王星にいこう!その1

Posted by aonei on 07.2009 夢について(海王星・カイパーベルト) 0 comments 0 trackback
さて海王星に行く事になって
まずは自分自身宇宙空間に出ます。

この宇宙空間に出るのがなんともあじけなく、、、
というのも
宇宙船に乗って行くわけでもなく、
空を飛んで行くわけでもなく、

ただぽんっと宇宙に転送される感じなのです。

さて宇宙に出ると
システム管理人が待機しています。
この方は以前太陽の件でお世話になった方です。
今回は惑星見学の同行者兼宇宙移動のインストラクターを
して頂きます。

そして自分自身の大きさを決めます。
最初うんと大きくしようとしたら
「そんなに大きくしたら海王星のディテールが
良くみえないでショ。」
と言われたので程々の大きさ、、、
それでも地球くらい(!)の大きさに縮小して
行く事に決めました。

移動する時もあっと言う間です。
天王星を抜けて、、、、、
ぐんぐん海王星が見えてきます。

遠くから見えてくる海王星は本当に奇麗でした。
まずは南極(?)の方から接近して行ったのですが、
例えようのない美しいブルーなのですよ。
地球の青さとはまた違う青さでした。

そして驚いたのがほんのり発光しているのです。

ええっ??

そんな情報聞いた事ないよな、、、、、
でも海王星は明るく見えます。
すごく優しいブルー。
家に持って帰ってランプ代わりにしたら
とても癒されそう。

天王星も同じブルーなのですが、
こちらの方が暗く見えるのに対して
海王星は明るくブルーに発光しているのです。

どういう物質形成なのでしょう。
謎は深まるばかりです。

続く、、、。

ちなみに海王星についての
データはこちらでドウゾ。
  ↓
 海王星

興味を持ってもらえたら
彼ら(?)も喜ぶらしい、、、、。

  ↓




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。